TOP > 試合結果個別

【K-1】朝久泰央、タフネスファイター蓮實光を沈めタイトル挑戦をアピール

2020/12/13(日)UP

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1冬の大一番~』

2020年12月13日(日)東京・両国国技館

▼第7試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
〇朝久泰央(日本/朝久道場)
KO 3R 1分48秒 ※ヒザ蹴り
●蓮實 光(日本/パラエストラ栃木)

 朝久は“朝久空手”と呼ばれる独自の空手をベースとし、今年3月の『K’FESTA.3』では大会開催4日前に代打出場を打診され緊急参戦、現K-1ライト級王者・林健太を撃破した。9月にはK-1大阪大会で弘輝を逆転KOし現在5連勝と好調だ。

 対する蓮實は総合格闘技やミャンマーラウェイに参戦して培ったパワーで現在4連勝中とこちらも好調、今年7月のKrush後楽園大会ではライト級のトップファイター・大沢文也をパンチでマットに沈めている。

 1R、開始から蹴りを上中下に飛ばす朝久に対し、蓮實は距離を詰めてフックを強振する。だが朝久はガードを高くして当てさせない。朝久はスイッチしてサウスポーからのハイキック、飛びヒザも繰り出す。ロー、ハイと攻撃の止まらない朝久。

 2R、蓮實はこのラウンドも前に出てパンチのヒットを狙う。だが、朝久は速いフットワークで追わせない。そして朝久は顔面前蹴り、顔へのヒザ、ハイキック、ローキックと多彩な攻撃を見せる。そして朝久は距離を作って蓮實の強打を空転させる。

 3R、朝久はやはりステップで距離をあけ、蓮實がストレートを伸ばすとそこにフックでカウンターする。ダッシュして出た朝久は跳びヒザを当て、ハイキックも直撃するが蓮實は立ち続ける。しかし朝久はインローで蓮實を崩し、ボディをヒザで打ち抜き遂にダウンを奪取。うつろな視線ながら立ち上がった蓮實だが、レフェリーはダメージを見てここで試合を止めた。

 勝利した朝久は「今日はたくさん応援して頂きありがとうございました」と感謝を述べると、「今日のメイン、次勝った方、俺とやろうぜ!」とタイトルマッチをアピール。そこから一転、「今日12月13日は僕の母さんの母さん、ばぁばの誕生日なので、この勝利をばぁばに捧げたいと思います」と朗らかなムードに切り替え、「これからも勝ち続けるんで、よろしくお願いします」と締めくくった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[前日計量]朝久泰央、”痛みと絶望”のクリスマスプレゼントを!対する蓮實光は”失神”でお返し

・【K-1】朝久泰央が“倒せる選手”に進化した理由、朝久空手・手数の秘密とは

・[本日の試合]和島大海が余裕の1R KO勝利、最後は強烈左ハイキックで沈める

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別