TOP > 試合結果個別

【DEEP】40歳ベテラン中村大介、顔面ヒザ蹴りで現王者・牛久絢太郎に衝撃のKO勝利

2021/02/21(日)UP

右のミドルを放つ中村(右)

DEEP事務局
『DEEP 100 IMPACT』

2021年2月21日(日)東京・TDCホール

▼第9試合 DEEPフェザー級 5分3R
●牛久絢太郎(K-Clann)
KO 2R0分26秒  ※ヒザ蹴り
〇中村大介(夕月堂本舗)

得意のサブミッションを仕掛ける中村(奥)

 牛久は2014年のネオブラッドトーナメント(=パンクラスの新人王トーナメント)フェザー級で優勝し7戦無敗であったが、8戦目で朴光哲に初黒星。18年5月からDEEPに参戦すると5連勝で、昨年9月に王者・弥益ドミネーター聡志を破って王座を獲得した。

 対する中村は鋭い打撃と腕十字を得意技とし、50戦近くの戦績を持つ大ベテラン。国内ライト級トップクラスで活躍し、所英男や郷野聡寛に勝利を収め、12年にはプロ10年目にしてDEEPライト級王座を獲得。16年からMMAのリングを離れていたが、昨年9月に強打者・長倉立尚を右ストレートでKOに降し4年ぶりの復活を華々しく飾った。

戦慄のヒザ蹴りKOの瞬間

 1R、中村が右ミドル、右ローを放って前に出て行くが、このローが牛久の下腹部に入りインターバルが置かれる。再開後、今度は中村が前に出たところで牛久の頭がバッティングとなってしまい中村は鼻から出血。ドクターがケージ内に入り様子を見る。中村には5分のインターバルが与えられる。

 牛久に口頭注意が与えられ再開。しかし牛久は頭を振って入る動きが続き、レフェリーにイエローカードを提示される。だが中村の右ミドルの後で牛久はダッシュして組みに出る。中村が体を入れ替え押し込むが、牛久が投げを打って中村を下にする。中村は立ち上がって背後の牛久にアームロックから腕十字と仕掛けるもタイムアップとなる。

40歳ベテラン中村が現役王者にKO勝利

 2R、牛久が身を低くしてタックルに入ったところで中村も低く構えており両者とも頭が当たってバッティングに。再びインターバルが置かれる。

 再開すると、牛久はインローからタックルに入るが、その頭が下がった瞬間に中村は下からのヒザ蹴り。牛久をダウンさせ、現役王者をKOした。

 フェザー級に混沌を呼んだ中村は「試合が何回も中断してすみませんでした。チャンピオンが強くてなかなか行けませんでした。今回からフェザー級に落としましてまだまだ行けるなと思ってますので、フェザー級いま盛り上がっていて楽しそうなのでよろしくお願いします。佐伯さん100回おめでとうございます。中村大介40歳、ここからが全盛期です」と挨拶しアピールした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【テレビ】2.21 DEEP100回記念大会の生中継決定・ゲスト解説にRIZIN榊原代表&弥益ドミネーター=TV・配信情報

・[本日の試合]MMAデビュー戦の元ムエタイ王者・雅駿介が勝利、朝倉未来チャレンジのヒロヤは悔しい3敗目

・[本日の試合]DEEP 100回記念グラップリングタッグマッチは横田・松本の掌底、菊野の飛び蹴りまで出る乱戦に!?

・[本日の試合]関根シュレックが豪腕パンチで“16秒”KO勝利、RIZINスダリオ剛との“相撲vsプロレス”対決を要求

・[本日の試合]“美腹筋ママ”杉山しずか貫禄のマウントパンチTKO勝利「負けた選手の印象を払拭したい」とRIZIN再登場をアピール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別