TOP > ニュース

【RIZIN】アリアックバリ、相手の巨体は好都合「でかい方が殴り易いだろ」

2017/04/14(金)UP

再起戦に向けて闘志を燃やすアミール・アリアックバリ

 4月16日(日)横浜アリーナにて開催の『RIZIN 2017 in YOKOHAMA -SAKURA-』に出場する、全選手のインタビューが14日(金)都内で行われた。

 セミファイナル(第10試合)で、初参戦のジェロニモ・ドス・サントス(37=ブラジル)と対戦する2016年RIZIN無差別級トーナメント準優勝者アミール・アリアックバリ(29=イラン)が、試合に向けた意気込みを語った。

「前回よりも完璧なコンディションだよ」と最高潮の仕上がりをアピールするアリアックバリ。昨年出場した無差別級トーナメントでは、決勝戦でミルコ・クロコップに敗れて悔しい準優勝となったが、「あの時は疲れもあってなかなか力が出せなかったんだ。でも、今回はその経験も活かしながら、より完璧な状態に仕上げることができたよ」と笑顔を浮かべる。

 対戦相手のドス・サントスは身長191cm&体重130kgの圧倒的な体格を武器に、56戦39勝17敗の戦績を収めてきたベテラン。勝ち星のうちKO・TKO勝ちが25回、一本勝ちが10回という高い決定率を誇っている。

 そんなドス・サントスとの試合について、アリアックバリは「とても良い試合になると思う。彼は経験があるので、俺も戦うのを楽しめるだろう」と舌なめずり。さらに「彼は俺より身体がでかいかもしれないが、その方がむしろ殴り易いだろう」と不敵な笑みを浮かべた。

 一方、ミルコと再戦したいかとの質問には「彼は引退したと聞いた。でも、もし戻って来るのであれば、最初に(対戦相手として)名乗り出たいと思う」と答え、リベンジする意欲をアピールしている。

●編集部おススメ記事
ドス・サントスが筋肉で闘志アピール、対戦相手は病院送りに
無差別級GPの計量で関係者大慌ての緊迫ムード

【大会・チケット情報】 4・16 RIZIN FIGHTING FEDERATION「RIZIN 2017 IN YOKOHAMA -SAKURA-」
  

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック