TOP > ニュース

【Krush】寺戸伸近、久保賢司の挑発に「虚勢を張ってて可笑しい」

2017/11/02(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

激闘を演じてKrushをけん引してきた寺戸。久保の挑発にも余裕を見せている

 11月5日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.82』で、Krush -55kg王座2度目の防衛戦に臨む寺戸伸近(37=Booch Beat)の試合直前コメントが主催者を通じて届いた。

 今回の挑戦者は、3度目の対戦となる久保賢司(28=K-1ジム五反田チームキングス)。両者の初対戦は2010年3月のKrush後楽園大会で、この時は寺戸が1R2分26秒でKO勝ち。2度目は今年4月の「第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王座決定トーナメント」準決勝で久保が2R3分6秒、KO勝ち。1勝1敗で迎える今回は、長きに渡る因縁の決着戦となる。

「挑戦者は若手の勢いのある選手が上がってくるのかなと思っていたんですけど、相手を聞いた時にちょうどいいなと思いました。久保なら俺の気持ちの中でもちょうどいいし、復帰戦の相手としてもちょうどいいです」と、淡々と落ち着いた様子で話す。

 9月に行われたカード発表の記者会見では、久保から「次こそは完全に破壊する」「寺戸伸近をここで終わりにしたい」と散々挑発されたが、「なんか言いたいことを言ってましたが、ちょっと面白くなっちゃいますよね。虚勢を張ってて可笑しいなあって」とベテランの余裕をうかがわせる。

4月のK-1では久保に2RでKO負けした寺戸だが、「怖さは感じなかった」と評した

 4月のK-1での対戦では「全く怖さを感じなかった」という。「今まで戦ってきたKrushの相手たちとは全然違いましたね。試合なのでやることは一緒なんでしょうけれど、そういった感じるものが彼にはなかった。やっぱりKrushはレベルが上がっているし、スゲェんだなって思いましたね」と、ボクシングからキックに戻ってきた久保に対し、長年Krushで戦い続けた誇りとKrush愛をのぞかせた。

「結果的にK-1という大舞台で負けたわけで、恥を塗られたことは変わりません。次の試合でそれを取り返してやろうかと思いますよ」と静かな闘志で雪辱に燃える寺戸。

 9月で37歳になったが「やっぱり引退という言葉が近づいてきているのかなというのは感じます。でもそのまま『はい、やめます』と終わっても何も面白くないので、やっぱりファイターは試合してなんぼですよ」と”不屈の激闘王”のハートは健在だ。

「皆さんの期待を裏切らないような熱い試合をします。相手は今回の防衛戦を因縁だとかどうのこうの言っていますけど、完璧に自分が勝ちます。強いのは俺だってところを見せてやりたいと思います」と久保を一蹴すると誓った。

●編集部オススメ
・久保の「完全に破壊してやる」との挑発に寺戸も「上等だよ、この野郎」
・寺戸が準決勝で力尽きる、久保が打ち合い制してKO勝ち


【大会・チケット情報】 11・5 Krush実行委員会 「Krush.82 」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース