TOP > ニュース

【KNOCK OUT】江幡、那須川天心に「機会があったら対戦しましょう」と直接伝える

2017/12/12(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

KNOCK OUT初陣を勝利で飾った江幡。同日に双子の兄・睦も別会場で試合をして勝利した

 12月10日(日)東京・両国国技館で開催された『KNOCK OUT 2017 in 両国』の一夜明け会見が、11日(月)都内にて行われた。

 注目の初参戦となったWKBA世界スーパーバンタム級王者・江幡塁(伊原道場本部)は、WPMF世界スーパーバンタム級王者・宮元啓介(橋本道場)に苦戦を強いられながらも判定2-0で勝利。初陣を白星で飾り、戦績を35勝(18KO)3敗3分とした。また、同日に後楽園ホールでは双子の兄である江幡睦も試合を行い、1R2分30秒、KO勝ちを収めている。

「初めてのリングで勝つことが出来てホッとしています。改めてキックの魅力を感じました。とりあえず勝てて良かった」と江幡。

昨年、那須川天心と対戦している宮元(右)に勝利した

 対戦した宮元については「しぶといイメージがあった。油断していたわけではないですが、タイ人とずっと戦ってきてハングリーな選手を倒してきたのでもっと早く倒せる自信があったんですが、日本人特有のプライド、懸けているものの違いを感じました。KNOCK OUTが盛り上がっていて、みんながここに懸けている、絶対に倒されないぞって気持ちがありました。フィニッシュブローが何回も決まった感覚があり、普通なら崩れ落ちる感覚なのに向かって来ました。面白い選手だな、面白い興行だなって、やっている最中にワクワクしました」と、KNOCK OUTに上がる選手の意思の強さを感じたという。

宮元の三日月蹴りには苦しめられた

「三日月蹴りを蹴って来るのは知っていましたが、前蹴りくらいかなって高をくくっていました。サバいてしまえば大丈夫と思っていたんですが、違う距離で入って来るので勉強になったし、いろいろな選手がいる中で戦っていく楽しみが増えましたね」と、フレッシュな顔合わせに楽しみを感じているようだ。

 リングを下りた直後には放送席に向かい、ゲスト解説を務めていた那須川天心に歩み寄り「機会があったら対戦しましょう」と直接伝えた。

ヒジ打ちを叩き込む江幡

「那須川選手は小笠原(瑛作)選手と共に55kgでKNOCK OUTを盛り上げている選手の一人なので、僕も初めて参戦したので次回、機会があったら対戦しましょうと言いました」と言うが、その時期については「僕は新日本キックボクシング協会での試合を主体としているので、僕が決められる話ではありません。タイミングが合えば、出来ればいいなというお話をしました」と今後のKNOCK OUTと新日本キックの話し合い次第だという。

KNOCK OUTで勝利した江幡塁(左)、重森陽太(中)が会場に駆けつけ、江幡睦(右)の勝利を祝った

 兄と同日に勝利する『江幡祭り』を成功させたことについては、「勝ってすぐに後楽園ホールへ向かったんですが、兄の試合があるのでまだ勝った心地がしませんでした。自分の試合を忘れるくらいセコンドに夢中でして、終わった後に2人で勝利をかみしめました」と喜んだ。

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】全試合結果=2017年12月10日

・【新日本キック】江幡睦、タイ人を1R秒殺KOで江幡祭り成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース