TOP > ニュース

【Krush】山際和希、かつて戦った塚越&久保の活躍に「歯がゆい」

2018/04/11(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

山際(左)は松岡(右)を倒し王座挑戦へ近づけるか

 4月22日(日)東京・後楽園ホールにて開催の『Krush.87』で、松岡力(24=K-1ジム五反田チームキングス)と対戦するBigbangウェルター級王者・山際和希(29=谷山ジム)のコメントが主催者を通じて届いた。

 山際は昨年9月の「初代K-1ウェルタ―級王座決定トーナメント」に出場し、準決勝まで進出して第3位に。今年2月のBigbangではNJKFランカーに1RでKO勝ちした。対する松岡は新日本キックボクシング協会の日本ウェルター級ランカーとして活躍し、次期エース候補とまで言われたスーパーホープ。ジムを移籍して1月にKrush初参戦を果たし、2RでKO勝ちを収めている。

1月、krush初参戦でKO勝ちを飾った松岡

 その松岡について山際は「松岡選手がKrushに出る前から試合を見ていて、すごくセンスのいい選手だなと思っていました。他団体で活躍していてもKrushに出たら負ける選手も多いですが、松岡選手はきっちり結果を残していて、間違いなく上まで上がってくるなと思いました」と話し、以前から高く評価していたようだ。

 互いにテクニックがありバランスも良いが、予想される試合展開を聞かれると「まず蹴り合いから始まるでしょうね。そこで蹴りだけだとお互いテクニックもありますし、決着がつかなくなってくるので、パンチが出るんじゃないかなと思います。僕としては蹴りを中心に攻めつつ、パンチでKOが出来たらいいなと思ってます」と、パンチで上回ってKOしたいという。

 そして、松岡戦で勝利した先にはKrushのベルト挑戦も見据えている。「ものすごく(Krushのベルトが)欲しいですね。僕は2013年にKrushチャンピオンの塚越仁志選手に負けているので、塚越選手にリベンジしてKrushのベルトを獲りたいです。

昨年、現K-1ウェルター級王者・久保優太(右)と引き分けている山際

 また僕はBigbangで(K-1ウェルター級王者の)久保優太選手と引き分けているので、久保選手とも決着をつけたいです。(自分と拳を交えた選手たちがベルトを巻いている姿を見るとウズウズする?)すごく歯がゆい気持ちになりますね」と語り、かつて対戦した塚越と久保の名前を挙げベルトへの想いの強さを感じさせた。

 最後に「とにかく9月にK-1で負けてからの半年間はチャンスを待ち望んでいました。松岡選手はすごくいい選手なんですけど、その選手を倒せば次のKrushの挑戦者にも選んでもらえると思います。ここはきっちり結果を残して、またチャンスを掴みたいです」と熱く意気込んだ。
 

【大会・チケット情報】 4・22 Krush実行委員会「Krush.87」
 

●編集部オススメ

・久保優太と山際和希の注目の一戦は痛み分け

・2月、NJKFランカーの山崎遼太に1RでKO勝ちした山際

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース