TOP > 試合結果

【グローリー】野杁正明がトーナメント優勝!Krush王者・卜部弘嵩が王者対決に勝利

2013/03/10(日)UP


▼第4試合 Road to GLORYトーナメントFINAL8 3分3R延長1R
野杁正明(OISHI Gym/Krush YOUTH GP 2011王者)
判定2-0 ※29-29、30-29、30-29
HIROYA(TRY HARD GYM/K-1甲子園2008王者)
※野杁が準決勝進出

 K-1甲子園とKrushで対戦している両者が三度目の対戦。過去の対戦では野杁が2戦2勝と勝ち越している。

 1R、ガードを上げて前蹴りとローを見せる野杁。HIROYAも細かくジャブを突いて、左フックから右ロー。HIROYAが右ストレートを打つと野杁もカウンターの右ストレート。アグレッシブに前に出るHIROYAに左フックを狙う野杁。HIROYAはパンチを顔面とボディに打ち分け、野杁は足への前蹴りで距離を取る。

 HIROYAが右ボディから顔面への左フック。野杁は距離を取って左ミドル、HIROYAがパンチで出てくるところにヒザ蹴りを狙う。このラウンドはジャッジ3名とも10-10のイーブン。

 2R、じりじりと前に出ていく野杁。HIROYAも右ストレートを狙う。HIROYAのインローに野杁が右ストレート。距離を取りながら左ミドルを蹴る野杁。HIROYAもローを蹴り返して、右ストレートから飛び込んでいく。

 左右のパンチで野杁のボディを狙うHIROTA。野杁は距離をつぶして首相撲からヒザ蹴りを狙うが、HIROYAのヒザ蹴りがローブローとなってしまう。

 野杁はそのままうずくまり、すぐには立ち上がることが出来ず。HIROYAにはイエローカード(減点1)が提示される。野杁にインターバルが与えられた後、試合は再開。パンチから前に出ていくHIROYAに対して、野杁は前蹴りと右ロー。

 HIROYAが右ストレートから左フック、野杁も同じようにパンチを返してバックブローと飛びヒザ蹴り。終了間際にはバックキックも狙う。試合内容はほぼ互角だが、ローブローの減点でジャッジ3名とも10-9で野杁にポイントをつけた。

 3R、パンチとローで前に出るHIROYA。上手くパンチを顔面とボディに散らすが、野杁はしっかりガードしてヒザ蹴りを狙う。

 アグレッシブに手数を出すHIROYAに対して、ガードを固めてカウンターを狙う野杁。野杁がヒザ蹴りから前に出ると、HIROYAは下がりながらパンチとローを返す。決定的な差がない試合だったが、減点の1ポイント差で野杁が勝利。HIROYAにとっては悔しい結果に終わった。


 


▼第3試合 Road to GLORYトーナメントFINAL8 3分3R延長1R
裕樹(ANCHOR GYM/初代RISEライト&スーパーライト級王者)
判定3-0 ※30-27、29-27、28-27
モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/MA日本キックボクシング連盟スーパーライト級王者)
裕樹が準決勝進出

 MA日本キックボクシング連盟スーパーライト級王者のモハンと初代RISEライト&スーパーライト級王者・裕樹の一戦。試合前、両応援団からモハンコール、裕樹コールが巻き起こる。

 1R、いきなりサウスポーのモハンが前蹴りから左右のフックでつっかかっていく。裕樹はガードを上げて距離を取りつつ、モハンの前足にローを集める。モハンの前蹴りがローブローとなるが、再開後、裕樹は両腕ブロックから鋭いローキックを連打。

 モハンもフックだけでなく飛びヒザ蹴りも繰り出すが、裕樹のブロックは固い。ジャッジ1名が10-10のイーブン、残り2名が10-9でモハンを支持。

 2Rも振り回すようなフックで前に出るモハン。裕樹はコンパクトな左フックや右アッパーを返し、そこからローにつなげる。とにかくモハンはパンチとローをフルパワーで繰り出すが、ここでもモハンの前蹴りがローブローとなり、レフェリーはモハンにイエローカード(減点1)を提示する。

 再開後、裕樹の右アッパーにモハンが右フック。裕樹はモハンの左フックに左フックを合わせる。さらにモハンのフックが反則となるオープンブローと判断され、レフェリーは2枚目のイエローカードを提示する。残り1分、裕樹は右ストレート、左ローから左ハイキック。モハンがワンツーで前に出ると、裕樹もインロー、右ストレートから右ローを蹴る。減点の影響もあり、このラウンドはジャッジ2名が10-8、1名が9-8で裕樹を支持する。

 3R、モハンが左ストレートから前進。裕樹も右アッパーからロー、ハイキックを蹴る。プレッシャーをかけていく裕樹は右ストレート、右アッパーから左フック。モハンは下がりながら前蹴り、右フックを打つ。右ストレートから前に出ていく裕樹。モハンは前蹴りでそれを突き放すだけで、前半ほどの勢いがない。残り10秒で打ち合う展開になるが、どちらも有効打はない。裕樹がモハンを判定で下し、準決勝に駒を進めた。  




▼第2試合 Road to GLORYトーナメントFINAL8 3分3R延長1R
○藤田ゼン(エイワスポーツジム/REBELS 65kg級王者)
TKO 3R1分5秒 ※2ノックダウン
●松岡 力(藤本ジム/DEEPアマチュア西日本62kg以下王者)
※藤田が準決勝進出

 REBELS 65㎏王者の藤田と様々なアマチュア大会で実績を残す19歳の松岡が1回戦で激突。

 1R、ぐるぐると周りながらローを蹴る藤田。松岡はそこに左フックを合わせ、前蹴りで大きく藤田を吹っ飛ばす。さらに松岡は藤田をコーナーに詰めて右ストレートから連打をまとめる。一旦、距離が開くと松岡が右ストレートから前に出てハイキック。藤田もそこにパンチを返し、ローを蹴り返す。

 その後も松岡がプレッシャーをかける展開が続き、このラウンドの採点はジャッジ2名が10-9で松岡、1名が10-10とした。

 2R、ここも右ストレートからプレッシャーをかけていく松岡。藤田もそれをブロックして左フックを打ち返す。藤田をロープに詰めて連打を打ち込む松岡。藤田もローを蹴り返して反撃するが、松岡が右ストレートで先制のダウンを奪う。再開後、一気に襲いかかる松岡が左フックから右ストレート。藤田も右ローを蹴り返す。

 前蹴りで距離を取る藤田。松岡は左ボディで飛び込む。ジャッジ3名ともダウンを奪った松岡を10-8と支持する。

 3R、松岡がパンチで猛ラッシュを仕掛けて後ろ回し蹴り。このまま一気に攻めきるかに思われたが、藤田がカウンターの右ストレートでダウンを奪い返すと、立ち上がった松岡に近距離での左フックから右ストレート! これで松岡が2度目のダウン! 劣勢だった藤田が見事な逆転KO勝利で準決勝進出を決めた。


 


▼第1試合 Road to GLORYトーナメントリザーブファイト 3分3R延長R
Taca(triple-y)
KO 2R15秒 ※左フック
●濱崎一輝(Silver Ax)

 1R、サウスポーの濱崎に対してTacaがアウトロー、右の前蹴り。濱崎も左ミドルを返して、左ストレートからパンチをまとめる。Tacaのローにパンチを合わせる濱崎。Tacaは右前蹴りからパンチをまとめる。右フックから左ストレートの濱崎。TaCaは右のボディストレートから顔面にパンチを返し、距離が詰まるとボディにヒザ蹴りを入れる。

 残り10秒、濱崎が左ハイキックから左ストレート、TaCaも右ストレートを打ち返す。1Rはジャッジ2名が10-10×2でドロー、残り1名が10-9でTaCaを支持。

 2R、TaCaが濱崎の左ミドルを流して左ボディ。そこから一気にTaCaが前に出て、右ストレートから左フック! これで濱崎が後方に崩れ落ちてダウン。立ち上がることが出来ず、TaCaが見事なKO勝利でリザーバーとなった。

▼オープニングファイト第2試合 61kg契約 3分3R
皇治(S.F.K/TRIBELATEキックスーパーフェザー級王者、J-NETWORKスーパーフェザー級5位) 
判定3-0 ※三者とも30-28
●TASUKU(リアルディール)

▼オープニングファイト第1試合 60kg契約 3分3R
○古谷野一樹(クロスポイント古河)※デビュー戦
KO 1R1分18秒
●永島一平(y-park) 

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2013年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック