TOP > 試合結果

【J-NETWORK】高橋、王者対決を制して二冠王に君臨

2014/08/17(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▼セミファイナル(第9試合) J-NETWORKフェザー級タイトルマッチ 3分5R
八神剣太(レジェンド横浜/J-NETWORKフェザー級4位・挑戦者)
判定3-0 ※三者とも50-48
小山泰明(建武館/J-NETWORKフェザー級王者)
※八神が新王座に就く。小山は2度目の防衛に失敗。

 当初は挑戦者決定トーナメントを制した久世秀樹(レンジャージム)の挑戦が決まっていたが、練習中の怪我により欠場。代わって決勝戦で久世に敗れた八神が王者・小山の持つタイトルに挑戦した。

 1R、得意のノーガードから左右ストレートを単発ながらヒットさせていく八神。小山はパンチからローとオーソドックスな攻め。

 2R、八神は上体を大きく左右に振りながら低い体勢からストレート、アッパーとトリッキーな動き。小山はジャブとローで的確に八神を捉える。

 3R、小山は左ボディブロー、左ハイをヒットさせるが、八神もバックキック、バックブローを放つ。クリーンヒットはないが、八神が手数で上回っている印象。

 4R、八神は右足を上げてから放つ右ストレートをヒットさせ、さらに右フックで小山の動きを鈍らせて連打。小山もローと左ボディで攻めるが、八神が細かくパンチを顔面へ当てていく。

 5R、右ハイで逆転を狙う小山だが、八神はバックブロー、低く潜り込んでの右アッパー連打、さらに上体を左右に振りながら打つパンチ、バックキックと攻撃の手を休めない。

 小山は最後まで手数が少なく、八神のパンチをもらう場面が目立ち、八神が判定勝ち。タイトルを奪取した。

 八神は「事務局の人にいまJ-NETで一番強いチャンピオンは誰だと聞くと、いつも小山だと言っていたので絶対に負かしてやろうと思っていました。価値のある一勝です。でも久世選手は納得していないと思うので、これからどんどん勝っていかないといけません」と、勝利の喜びにあふれた表情で語った。  


 

 


▼第6試合 J-NETWORKスーパーライト級次期王者挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1
鈴木真治(藤原ジム/J-NETWORKスーパーライト級3位、WPMF日本スーパーライト級4位)
負傷判定3-0 ※三者とも29-28
●後藤洋平(フォルティス渋谷/J-NETWORKスーパーライト級7位)
※3Rに偶発的なバッティングで鈴木が負傷。3R途中までの判定。

 サウスポーで上背に優る後藤に左ストレートと前蹴りで苦戦を強いられた鈴木だったが、3R始まってすぐに右ストレートでダウンを奪う。

 しかしその直後、偶発的なバッティングで鈴木が負傷。ここまでの判定となり、鈴木が勝利して王者・大石駿介への挑戦権を手にした。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果