TOP > 試合結果

【ビッグバン】森井、豪快KOで初防衛に成功

2014/09/07(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▼第11試合 Bigbangライト級王座決定戦 ビッグバンルール 3分3R延長1R
○不可思(ふかし/クロスポイント大泉/REBELS 60kg級1位)
判定2-0 ※30-30、29-28、29-28
●稲石竜弥(Team OJ/REBELS 60kg級2位、APKFスーパーフェザー級王者)
※不可思が初代王者に

 昨年7月のレベルスで対戦している両者。この時は不可思が判定勝ちした。

 1R、大振りの左右フックを見せる稲石に対し、不可思は左ジャブから右ロー。変則的な動きから繰り出すパンチの稲石だが、不可思はディフェンスしながら攻撃を返していく。

 稲石はバックブロー、後ろ回し蹴り、上下に散らす左右フックで前に出る。打ち合いでもしっかりと攻撃を返していく不可思が僅差の判定で勝利し、自身初のタイトルを獲得した。


 


▼第10試合 55kg契約 ビッグバンルール 3分5R
△九島 亮(STURGIS新宿ジム/RISEバンタム級5位)
ドロー 判定1-0 ※29-29、30-29、29-29
△出貝泰佑(バンゲリングベイ・スピリット/Bigbangスーパーバンタム級王者)

 ワンツーのパンチで前に出る九島に対し、出貝はカウンターの攻撃だけでなく、バックブロー、後ろ廻し蹴りとトリッキーな攻めを見せる。3Rはお互いに前に出て打ち合う展開だったがドローに終わった。


 


▼第9試合 56kg契約 ビッグバンキックルール 3分3R
○裕・センチャイジム(センチャイムエタイジム/前NJKFスーパーバンタム級王者)
TKO 2R1分04秒 ※ヒジによるカットでドクターストップ
●岡田有晃(谷山ジム/前Bigbangスーパーバンタム級王者)

 首相撲で優位に立つ裕。2Rに打ち合い展開になると、裕が右ヒジで岡田の頭部をカット。ドクターストップとなり、裕がTKO勝ちした。


 


▼第8試合 67kg契約 ビッグバンルール 3分3R
○山際和希(谷山ジム/J-NETWORKウェルター級4位)
判定2-0 ※30-30、30-29、30-29
●CAZ JANJIRA(ジャンジラジム/J-NETWORKウェルター級7位)

 ミドルの蹴り合いの中、山際が右ミドルで主導権を握り判定勝ちを収めた。


 


▼第7試合 64kg契約 ビッグバンルール 3分3R
○平野将志(インスパイヤードモーション/元REBELSスーパーライト級5位)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-28
●和井田 学(谷山ジム大和)

 サウスポーの平野が左ミドル、左ストレートを主軸とした攻めでフルマークの判定勝ち。


 

▼第6試合 57.5kg契約 ビッグバンルール 3分3R
○竹内賢一(TEN CLOVER)
判定2-1 ※30-29、30-29、29-30
●藤橋 光(シルバーウルフ)

▼第5試合 スペシャルマッチ ビッグバンルール 2分2R
○佐藤朋胤(さとう・ほういん/谷山ジム)
TKO 2R1分22秒
●藤岡 豊(新興ムエタイジム)

▼第4試合 ライト級 スペシャルマッチ ビッグバンルール 2分2R 
○聖王DATE(じょうおう・デイト/Team DATE)
判定2-0 ※20-19、20-19、19-19
●ハリケーン山田(谷山ジム)

▼第3試合 55kg契約 ビッグバンルール 3分3R 
○白岡仲仁(平井ジム)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-28
●森本尚哉(TARGET/元TENKAICH全沖縄フェザー級王者)

▼第2試合 60kg契約 ビッグバンルール 3分3R 
○鈴木謙太(Por ti Familia)
判定3-0 ※30-28、29-28、29-28
●硬氣DATE(フォースデイト/Team DATE)※デビュー戦

▼第1試合 バンタム級 ビッグバンルール 3分3R
○大久保 拓(士道館ジム)
判定3-0 ※三者とも30-28
●平野 翼(烈拳会)

▼オープニング第1試合 63kg契約 ビッグバンルール 3分3R
△中條弘之(谷山ジム小田原道場)
ドロー 判定1-1 ※29-28、28-29、29-29
△盛岡直生(真樹ジムAICHI)※デビュー戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果