TOP > 試合結果

【MA日本キック】大野、為房、ロバーツが防衛、薩摩が新王者に

2015/02/11(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟/士道館大会実行委員会
「士道館新春興行MA日本4大タイトルマッチ~添野道場45周年記念大会~FIGHT FOR PEACE」
2015年2月11日(水・祝)東京・後楽園ホール

▲ポンパンレック(左)のヒジで切られた大野(右)だが、ダウンを奪い返して勝利

▼第10試合 メインイベント MA日本バンタム級タイトルマッチ 3分5R     
○大野貴志(士道館新座ジム/MA日本バンタム級王者、Bigbangスーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※48-47、49-47、49-46
●ポンパンレック・エスジム(タイ/エスジム/元ラジャダムナンスタジアムライトフライ級6位/挑戦者)
※大野が3度目の防衛に成功

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 大野がMA日本王座の3度目の防衛戦を迎えた。昨年12月にはBigbangスーパーバンタム級王座も奪取し、昇り調子だ。対するポンパンレックは元ラジャダムナンスタジアムランカー。過去に江幡睦、TOMONORI、藤原あらしといった国内軽量級トップクラスと対戦経験がある。

 1Rから大野が右ロー・ミドルと蹴り技主体の攻撃でペースを握り、左ハイもクリーンヒットさせる。

 2Rには、ボディブロー、左ミドルを効かせ、ポンパンレックは退がる。3R、大野の右ローを嫌がるポンパンレックだが、ヒジで反撃すると大野の右眉付近をカット。流血が見られ、ドクターチェックが入る。

 大野の右目も腫れ上がりピンチに追い込まれたが、ポンパンレックをコーナーに追い込んでパンチの連打でダウンを奪う。4R以降も、手数の落ちない大野は右ロー、前蹴り、ボディブローと追い込み、ポンパンレックは押されてしまう。判定3-0で大野が勝利し、3度目の防衛に成功した。
※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

  


 


▼第9試合 セミファイナル MA日本ウェルター級タイトルマッチ 3分5R
○為房厚志(RKS二刃会/MA日本ウェルター級王者)
判定3-0 ※49-46、49-46、50-47
●モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/元MA日本スーパーライト級王者/挑戦者)
※為房が初防衛に成功

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

 為房は日本拳法出身の強打の持ち主。昨年2月には元WPMF日本ウェルター級王者・渡部太基に2RでTKO勝ちし、同年8月に雪丸を2RTKOで破り、MA王座を奪取した。対するモハンは大振りなパンチでここ数戦は勝っても負けてもKO決着。昨年4月に大石駿介に敗れるまで、約3年半、MA日本スーパーライト級王者として君臨した。今回、階級を上げて二階級制覇を狙う。

 1R、慎重な出だしのモハンは時折大振りの左フックを見せるが、為房は冷静にかわし、左ジャブ、左ストレートをクリーンヒットさせる。2R、為房は左ハイをクリーンヒットさせパンチとヒジのラッシュを仕掛ける。

 耐えるモハンもパンチラッシュを仕掛け右フックで為房をぐらつかせ、一進一退の激しい攻防となった。

 3R、為房はモハンをコーナーに追い込み右ヒジを当てると、さらにヒジの乱れ打ちでモハンは遂にダウン! 

 4R、プレッシャーを強める為房は何度もパンチを当てるが、タフなモハンは倒れない。5R、疲れの見える為房に対し、モハンは大振りの左右フックで前に出るが捕らえきれず。為房が判定3-0で初防衛に成功した。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

   

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果