TOP > 試合結果

【J-NETWORK】鷲尾がNJKF王者にTKO勝ち「ヤスユキか悠矢とやりたい」

2016/05/29(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

鷲尾(左)が鈴木(右)との王者対決を制して5連勝。さらなる強敵との対戦を望んだ

J-NETWORK
「J-FIGHT&J-GIRLS 2016 2nd」
2016年5月29日(日)東京・新宿FACE

▼第10試合 メインイベント 59kg契約 3分5R
鷲尾亮次(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーフェザー級王者)
TKO 3R 46秒 ※ドクターストップ
●鈴木翔也(OGUNI-GYM/NJKFスーパーフェザー級王者)

 互いに距離を取りながら様子見の序盤。鷲尾はジャブからインロー、ハイキックで威嚇、鈴木もローからハイキック、鋭いフックとストレートで襲いかかる。首相撲でも譲らない両者は、身体を入れ替えながら互いにヒザを叩きこむ互角の攻防を見せる。

 2R、前に出る鈴木を鷲尾がインローとハイキックで牽制。接近した両者は再び首相撲となり、中盤以降は離れて打ち合い、接近して首相撲の展開が続くが、両者の攻撃に鋭さが増してきた。

 3Rに入った矢先、有効な攻撃による負傷で鈴木にドクターチェックが入り、そのまま試合は終了。鷲尾がTKO勝ちを収めた。

 これで5連勝となった鷲尾は、「挑戦者のつもりであえてベルトは持って来なかった。NJKFのチャンピオンに勝ったので、もっと名前のある強い選手、悠矢選手やヤスユキ選手とやらせて欲しい」と、宣戦布告のコメントで締め括った。


 

浅井(右)は前進する小澤(左)に有効打を叩き込んで判定勝ち

▼第9試合 ダブルセミファイナル J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1  
○浅井春香(Kick Box/J-GIRLSフェザー級4位)
判定3-0 ※30-28、29-28、29-28
●小澤聡子(チームドラゴン/J-GIRLSフェザー級3位)
※浅井が次期挑戦者に決定。

 序盤から積極的に攻める小澤。ローキックと大きく振り回すフックで一発を狙って前に出る。浅井はこれを捌きながら、前蹴りと細かいジャブを軸に応戦。距離を取りながら徐々に自分のペースに持ち込み、ミドルとハイキック、さらにはストレートを叩き込み、小澤の攻撃を阻止する。

 小澤は手を休めることなくひたすら前進を続け、終盤は気迫で浅井を圧倒。じりじり後退する浅井だが、スタミナを奪われながらも適確に有効打を叩き込み、判定の末に勝利を収め王者・大石綾乃への挑戦権を得た。

 浅井は「女子のフェザー級、重い階級を自分がどんどん盛り上げていきたい。もっともっと面白い試合ができるように練習を積んでいきます」と、最後は笑顔で締め括った。

●次ページはCOMACHIvs宗田、実方vs宮澤

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2016年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック