TOP > 試合結果

【レベルス】超攻撃型ムエタイのスアレック圧勝

2016/07/10(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

フルラウンド全く手を休めることなく攻め続ける“超攻撃型ムエタイ”スアレック(右)の重い右ミドル

Def Fellow
「REBELS.44」
2016年7月10日(日)東京・ディファ有明

▼第18試合 62kg契約 ムエタイルール 3分5R
○スアレック・ルークカムイ(スタージス新宿ジム/元ラジャダムナンスタジアム認定フェザー級9位)
判定3-0 ※50-47、50-47、50-46
●雷電HIROAKI(スクランブル渋谷/REBELS-MUAYTHAIライト級王者)

 1勝1敗で迎えた日本vsタイの3対3マッチ。大将戦はREBELS-MUAYTHAI&WPMF JAPANライト級統一王者・雷電と、“超攻撃型ムエタイ”スアレックで争われた。雷電は7連勝と絶好調でタイ人との初対戦。スアレックは5月のJ-NETWORKで翔・センチャイジムを粉砕している。

 1R、スアレックは強烈な右ローを狙い打ち。さらに重い左右フック。雷電もローを蹴り返すが、スアレックの威圧感に下がる場面が多い。

 2Rもスアレックのパワフルな右ローと左右フック、右ボディストレートが決まるが、雷電は首相撲に活路を求めてヒザを蹴る。意外にも首相撲&ヒザの攻防では雷電が主導権を握った。

 3R、スアレックの右ミドルにパンチの連打で応戦する雷電。パンチをもらうとスアレックもすぐに打ち返してくる。一発の強さはスアレックだが、雷電も手数では負けていない。

 4Rも右ミドルの威力が全く衰えないスアレック。強烈な蹴りで崩してパワフルなパンチを打ち込む。雷電も負けじとパンチを連打して組み付いてのヒザ蹴り。しかし、スアレックの威力ある攻撃が目立つ。

 5R、スアレックはパンチからヒジの猛攻を仕掛ける。雷電も打ち合うが残り1分26秒、右ヒジでスアレックがカットに成功。雷電の眉間のあたりから鮮血が流れる。ドクターチェック。

 再開すると雷電がパンチで勝負をかけるが、スアレックは真正面から打ち合いに応じ、凄まじいパンチとヒジの打ち合いが繰り広げられる。その中でも強打でクリーンヒットを奪うスアレック。さらに雷電を持ち上げてマットに叩き付ける。

 闘争心むき出しのスアレックのファイトに場内も大興奮。大いに盛り上がるなか試合終了となり、スアレックがフルマークの判定勝ち。観客からの声援に笑顔で応えた。

●編集部オススメ記事
・スアレックがカノンスックを返り討ち!女子中学生頂上決戦は伊藤紗弥が勝利
【試合動画】スアレックが翔・センチャイジムを粉砕


 

中向(左)に右ヒジを見舞うペットナムエック(右)

 

▼第17試合 60kg契約 ムエタイルール 3分5R
○ペットナムエック・ワイズディー(タイ/Y’ZD GYM/元タイ国イサーン地区フェザー級王者)
判定2-0 ※49-48、48-48、49-48
●中向永昌(STRUGGLE/MA日本スーパーフェザー級王者)

 中向はムエタイ独特の間合いや首相撲にも開眼し、今や対ムエタイの急先鋒となりつつある。これまでのvsムエタイ戦績は5戦2勝3敗。

 対するペットナムエックは昨年10月に蹴拳ムエタイ・スーパーライト級王者の平野将志、今年5月には同スーパーフェザー級王者・津橋雅祥を老獪なテクニックで寄せ付けず判定勝ちしている。

 1R、中向の右ローが連続してヒット。ペットナムエックはミドルと判断したのか、スウェーバックでかわそうとするため両足に体重がかかり、余計にローが強烈に決まる。

 組んでのヒザ蹴りでも優勢だった中向だが、ヒザ合戦に気を取られていたかペットナムエックの右ヒジでダウン。その後はペットナムエックが首相撲からのヒジ、ヒザを執拗に仕掛ける。

 2Rもペットナムエックが首相撲からのヒジ、ヒザ。さらに強烈な左フック。中向もヒジで応戦してヒジの打ち合いとなる。

 3Rは中向がヒジで攻めまくる。ヒザ蹴りも上手く当てて攻勢に。ペットナムエックはローと左フックで攻めるが、組むと中向が優勢。

 4R、中向は右ストレートを当てて組みつき、ヒザ蹴りから離れ際のヒジ。ペットナムエックが蹴ってくると同じ技をより力強く返す。じわじわと中向が追い上げていく。

 5R、序盤は強烈な左右ミドルからの左右フックを打ち込んだペットナムエックだが、後半は失速。中向のワンツー、右ストレートがクリーンヒットする。前に出る中向にペットナムエックは抱きついて動きを封じる。

 ジャッジ1名はドローとしたが、ダウンを奪ったペットナムエックが勝利を奪った。

【試合動画】中向永昌vsマキ・ピンサヤームの王者対決

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果