TOP > 試合結果

【TENKAICHI】廣虎がISKA世界王座を奪取

2016/11/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

得意のパンチでマーティン(右)を追い込む廣虎(左)

「TENKAICHI 83」
2016年11月27日(日)沖縄・ミュージックタウン音市場

▼Fight 6 (Main Event) ISKA世界ライトミドル級タイトルマッチ 3分5R
○廣虎 (ひろと/ワイルドシーサー沖縄/ISKAインターコンチネンタル ライトミドル級王者)
判定2-1 ※48-47、47-48、48-47
●ウィルフレッド・マーティン (フランス/ISKA世界ライトミドル級王者)
※廣虎が新王座に就く。

 廣虎は元プロボクサーで、キック転向後はWPMF日本スーパーウェルター級王座とINNOVATION同級王座などを獲得。東京のリングでも活躍したが、2014年からはほぼ地元・沖縄で試合を行っている。

 今回は4度目となる世界と名の付くタイトルへの挑戦であり、マーティンとは今年7月にもタイトルマッチで対戦し、廣虎が判定で敗れて王座獲得はならなかった。

 その後、廣虎は中国の『英雄伝説』で3連勝。勢いをつけてリベンジマッチに臨み、判定2-1の僅差で初の世界タイトルを獲得した。

 八重山諸島の地元紙・八重山毎日新聞にも試合の模様は掲載され、「石垣島からの世界チャンピオン誕生は、世界ボクシング協会(WBA)世界ライトフライ級の具志堅用高さん以来41年ぶり」と報じられた。



▼Fight 5 TENKAICHIキックボクシング フェザー級タイトルマッチ 3分3R延長1R
○松山力也 (赤雲會/TENKAICHIキックフェザー級2位)
判定3-0 ※30-28、29-28、30-28
●真木 (ワイルドシーサーコザ/TENKAICHIキックフェザー級王者)
※松山が新王座に就く。



▼Fight 4 TENKAICHI MMAフェザー級タイトルマッチ 5分2R
○Kイチロー (Good Sun/TENKAICHI MMAフェザー級王者)
TKO 2R ※グラウンドパンチ
●黒島一起 (BRUSH/TENKAICHI MMAフェザー級1位・挑戦者)
※Kイチローが初防衛に成功。


 

▼Fight 3 TENKAICHIキックボクシング 62kgファイト 3分3R
△ダイスケ (エボリューションムエタイジム/TENKAICHIキックライト級王者)
ドロー 判定1-0 ※30-29、29-29、29-29
△可恭 (Yoshitaka/天下一道場沖縄/TENKAICHIキック・スーパーライト級3位)

▼Fight 2 TENKAICHIキックボクシング フェザー級ファイト 3分2R
○大木一真 (ワイルドシーサー那覇/TENKAICHIキックフェザー級9位)
判定2-0
●よっぴぃ (虎の穴)
※よっぴぃに体重オーバーによる計量罰則減点1あり

▼Fight 1 TENKAICHIキックボクシング ライト級ファイト 3分2R延長1R
○基 (CROSS×LINE/TENKAICHIキックライト級7位)
判定3-0
●LUIGI(虎の穴/TENKAICHIキックライト級8位)

■アマキックTENKAICHI Challenge

▼Amateur Fight 5 クラスB 60kgレディースファイト
△知念千秋 (ワイルドシーサー那覇)
ドロー 判定0-1
△Mika (天下一道場沖縄)

▼Amateur Fight 4 クラスB 60kgファイト
○新田 拓次郎 (ワイルドシーサーコザ)
判定2-0
●KIYOTAKA (尚真ジム)

▼Amateur Fight 3 クラスB 60kgファイト
○島袋 賢太 (SHINE沖縄)
判定2-0
●琉海 (ASUKI GYM)

▼Amateur Fight 2 クラスC 60kgレディースファイト
○いのり (天下一道場 沖縄)
TKO 2R ※パンチ→レフェリーストップ
●神山梨愛 (ワイルドシーサー那覇)

▼Amateur Fight 1 クラスC キッズファイト
○儀間 ハルト (ワイルドシーサー那覇)
KO 2R ※前蹴り
●テツセイ (エボリューションムエタイジム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果