TOP > 試合結果

【相撲】朝青龍、プロレスラーを上手投げ「いい汗かきました」

2018/01/01(月)UP

 2017年12月31日(日)、AbemaTVの大みそか特別企画、「朝青龍を押し出したら1000万円」が都内の同TVの特設スタジオで行われた。スタジオには本場所と同じ土俵を設営し、8人が次々に68代横綱・朝青龍に挑んだ。

 第5試合はDDTプロレスのスーパー・ササダンゴマシン。

「朝青龍の弱点はしっかり分析しました」というマシンは、「フライング・ボディ・アタックで攻める」と宣言。

 試合では、開始戦からかなり後ろ、土俵際ギリギリに立ったマシン。勢いをつけてフライング・ボディ・アタックに行くかと思われたが、飛ぶように見せて飛ばず、組みついて左脚を取りに行く。

 しかし朝青龍は、左ワキを差す。ここで組み合っている間にマシンのマスクが脱げてしまう。両者、もろ差しで引きつけ合う大相撲に。

 出し投げに行く朝青龍。こらえるマシン。さらに左出し投げの朝青龍。離れる両者。右上手でまわしをつかむ朝青龍。右手一本だけだ。

 マシンはこらえ、朝青龍の首を取るが崩せず。最後は朝青龍が上手投げで投げ、マシンは土俵に転がった。

 ここまでで一番長い相撲になったが、朝青龍は「組んでみたら、『おっ、何かやってくるな』と思った。最後、チョップをやってきたね。フライング・なんとかを受け止めて、ポンと出したかったんだけど(来なかった)。重かったね。いい汗かきましたよ。40歳なのに、いい足腰してました」とマシンを褒め、「こっから集中していきたいですね。がんばって来い!」と残り3人のハッパをかけた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果