TOP > インタビュー 一覧

 12月31日(土) さいたまスーパーアリーナで開催される『元気ですか!! 大晦日!! 2011』でユサップ・サーデュラエフ(ロシア・ダゲスタン共和国)と対戦する所。2005年から7年連続での大みそか出場となる所が、大みそかに戦うこ とへのこだわりを語った(2011年12月24日up)

PROFILE
所英男
(ところ・ひでお)
1977年8月22日、岐阜県出身
身長170cm、試合体重63kg
2001年8月15日、CLUB CONTENDERS 01でプロデビュー
2004年3月7日、ZST GT-Fで優勝を果たす
2005年7月6日、HERO’Sでアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラにKO勝利
同年12月31日、Dynamite!!でホイス・グレイシーと引き分ける
2009年10月6日、DREAMフェザー級グランプリ2009でベスト4進出
2011年7月16日、今成正和を下してDREAMバンタム級日本トーナメントで優勝
戦績:48戦27勝20敗1分
リバーサルジム武蔵小杉 所プラス所属

■世界トーナメント1回戦敗退で感じたこと

ーーDREAMバンタム級世界トーナメントでは1回戦敗退となってしまいましたが、リザーブファイトでの大みそか参戦が決まりました。

「負けた直後に主催者サイドから『リザーブファイトの一番手だから』と言われていて、もし大みそかにバンタム級トーナメントがあるのであれば、僕にも出るチャンスがあるのかなと思いました」

ーー前回の試合が終わってから、どのくらいで練習を再開したんですか?

「1週間から10日休んだくらいですね。いつもの試合と変わらない感じでした」

ーー日本トーナメントでは優勝だったものの、世界トーナメントでは1回戦敗退となり、精神的に落ち込みましたか?

「落ち込むというか…何をやってきたんだろうって感じですよね(苦笑)。正直、今もモヤモヤしている気持ちは残っています」

ーー改めてアントニオ・バヌエロスとの試合を振り返ってみていかがですか?

「本当に『何をやってんだ?』の一言です。接戦だったという声もありますけど、自分では接戦だったかどうかも分からなくて…とりあえず僕の中でトーナメントはもう終わったので、勝ちだけに徹する試合をするのは辞めてもいいのかなと思います ・・・

所英男インタビュー内容
■世界トーナメント一回戦敗退で感じたこと
※以下、会員の方のみご覧になれます。
■大みそかに戦うことのこだわり、今成正和との再戦について

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

TOP > インタビュー 一覧