TOP > ニュース

【K-1】武尊、山崎秀晃、卜部兄弟らチームドラゴンから大量離脱

2016/09/26(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

チームドラゴン退団を発表した武尊。右は師匠であり、先日K-1プロデューサーを辞任した前田憲作氏

 K-1の看板選手である前K-1スーパーバンタム級王者・武尊、K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント優勝・山崎秀晃、K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の卜部弘嵩、K-1 WORLD GP 2016 IN JAPANスーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント優勝・卜部功也らが、25日(日)に突然、そろって所属ジムであるK-1ジム・チームドラゴンを退会したことをそれぞれのSNSで発表した。

 武尊は、「本日をもって所属していたチームドラゴンを退会することになりました。今までお世話になったことに感謝してこれからも変わらず強くなるために努力していきます。11月3日絶対優勝するのでこれからも応援よろしくお願いします!」と、ジムは退会したが、すでに出場が決定している11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催の『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~初代フェザー級王座決定トーナメント~』には予定通り出場するとしている。

卜部兄弟も退会を発表した

 山崎、卜部兄弟のSNSも内容はほぼ同様で、退会したこと、チームドラゴンへの感謝、そしてこれからも選手として活動していくという文面に。また、2014年K-1甲子園準優勝・佐野天馬など若手選手も後に続いて退会を報告している。

 K-1では9月20日の記者会見で、チームドラゴンを立ち上げて代表を務めていた前田憲作氏が突然K-1プロデューサーを辞任(K-1プロデューサー就任時点でチームドラゴンの代表は辞任していた)しており、このことと何か関連があるのか。K-1からは今回のチームドラゴン所属選手大量離脱について、現時点で特に発表は無い。

●編集部オススメ記事
・前田憲作プロデューサーが退任
・日本人4選手が新設階級の世界GPへ、武尊は二階級制覇を狙う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース