TOP > ニュース

【レベルス】炎出丸「負けたら終わり。DEAD OR ALIVEです」

2017/03/09(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

今回が54戦目となる34歳のベテラン炎出丸。「負けたら終わり」と勝負を懸ける

 3月11日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『REBELS.49』の第7試合で、WPMF世界スーパーバンタム級&WBCムエタイ・インターナショナル同級二冠王・宮元啓介(橋本道場)と対戦する元J-NETWORKスーパーバンタム級王者・炎出丸(クロスポイント吉祥寺)のコメントが主催者を通じて届いた。

 両者は2013年7月に対戦し、5Rフルに戦って炎出丸が判定勝ちしているが、「再戦という話を聞いた時には嬉しかったですね」と意外なことを言う炎出丸。その理由は「僕もいまひとつ調子が上がらない状態が続いていた。モチベーションもすごく下がっていたので。勝てば、また自分の名前を売ることができる。勝つか負けるかで自分の今後が大きく変わる一戦だと思います」と、今回の宮元戦に懸ける想いを語る。

 2016年は1敗2分という戦績に終わり、「去年はちょっと良くなかったかなと思います。やっぱりモチベーションの低下もあったので、こなしているじゃないけれど、いまひとつ試合に懸ける思いが足りなかったのかなと思います。その時その時は一生懸命やっているつもりだったんですけれどね。今回、宮元君とやるという話になって一気に気合いが入りました。練習に対する集中力も全然違う」と、巻き返しを狙う。

「前回も強いとは思っていたけれど、首相撲も少しは出来るようになっていると思うので。完成度は高くなっていると予想します」と宮元が前回よりもレベルアップしていると評価。

前回の対戦では首相撲地獄にハメて宮元に勝利

 その上で「(今回は)3Rだというのもあるし、僕の引き出しも増えてきている。その中で作戦を立てて戦いたい。前回は首相撲でしか勝てる部分はなかったので、今回は打撃だけで行って勝てるかといえば、五分かあっちの方が上でしょう。中間距離だと向こうは空手の技も使えますからね。ただ、そういうところも交えつつ戦わないといけない」と、苦しい戦いになると予想しているようだ。

「今回は分かりやすいですよ。負けたら終わり。DEAD OR ALIVEです」と、この試合に並々ならぬ決意で挑むと言い、「とにかく相手より手数で上回るというか、体力でも心でも上回って勝ちたい。相手が5発出すならこっちは6発出すつもりで。そういうつもりで練習してきています」と意気込みを語った。

●編集部オススメ記事
・リベンジに挑む宮元「前回の試合は一番振り返りたくない一戦」 
・宮元vs炎出丸の初対決 

【大会・チケット情報】 3・11 Def Fellow 「REBELS.49」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース