TOP > ニュース

【K-1】山崎秀晃、打倒ゲーオへ闘志全開「リベンジの次元を超えている」

2017/03/28(火)UP

公開練習でミット打ちを披露した山崎。約半年ぶりの復帰戦でゲーオに挑む

 4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催の『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~』に出場する元Krush -65kg王者・山崎秀晃(KREST)の公開練習が、3月28日(火)神奈川県内の所属ジムにて行われた。

 K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチで、王者ゲーオ・ウィラサクレック(タイ)に挑戦する山崎。この日の公開練習ではパンチのみのミット打ちを披露し、「良い状態で追い込みに入れています」と順調な仕上がりをアピールした。

 このタイトルマッチは当初、昨年9月に予定されていたが、ゲーオが大会直前におたふく風邪にかかり欠場したため中止に。山崎は代打出場のゴンナパー・ウィラサクレック(タイ)と対戦するも、ローで右ヒザの負傷に追い込まれて判定負けとなった。今回、約半年ぶりの復帰戦でのタイトル挑戦となる。

 ゴンナパー戦後には、後十字靭帯と外側側副靭帯の損傷で全治3カ月との診断を受けた山崎。試合が決まった当初は「まだ痛みがある状態だったので、春にはどういう状態になっているのかなと不安もありました」と明かす。

 しかし、「年末頃からかなり動けるようになってきましたね。そこから走り込みや筋力トレーニング、年明けからミット打ちやスパーリングを始めましたね。トレーナーや医師とも相談しながら、トレーニングを重ねるごとに良い状態に持ってくることができました」と、現在のコンディションは万全のようだ。

 今回、ゲーオ対策の一つとして、山崎は在日のタイ人選手とスパーリングをこなしてきた。「タイでムエタイをやってきた選手はリズムや技への入り方、動きも違います。それに対して慣れると言いますか、1%でも勝利に近づくための練習を一つでも取り入れたいと思って行いました」と狙いを説明。手応えについて聞かれると、「それが最善の方法であったかどうかは、結果がすべてというところです。最善の方法だったと言えるように最高の結果が求められる」と力強く答えた。

 ゲーオと山崎は、2014年11月の『K-1 WORLD GP 2014 ~スーパー・ライト級初代王座決定トーナメント~』の1回戦で一度対戦している。この時、山崎はゲーオの左ハイキックで額を陥没骨折して判定負けを喫した。
 
 因縁の相手とも言えるゲーオとの再戦だが、山崎は「確実に言えることは、前回と違う結果になるということですね」と自信をみせる。

 さらに、「ゲーオという男を倒すということが僕の中ではすべてです。リベンジという言葉すら超えた次元に来ていると思います」と、打倒ゲーオに懸ける思いを強調。「たくさん応援して下さる方も増えたので、そういう人たちの思いも背負うと、リベンジ以上の戦いになると思います」と闘志を燃やしている。

●編集部おススメ記事
山崎が代打ゴンナパーに敗れる波乱
ゴンナパー戦で全治3カ月、山崎秀晃がKrush王座返上
【特別インタビュー】山崎秀晃が必殺技”掛け蹴り”について明かす
【特別動画】これがゲーオ・フェアテックスのKOテクニックだ

【大会・チケット情報】 4・22 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」
  

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック