TOP > ニュース

【Krush】山際和希、元王者下すも厳しい表情「次は下がらずKOを狙う」

2017/04/03(月)UP

一夜明け会見に出席したBigbangウェルター級王者・山際和希

 4月2日(日)東京・後楽園ホールに1,850人(超満員札止め=主催者発表)の観衆を集めて開催された『Krush.75』の一夜明け会見が、3日(月)都内にて行われた。

 元Krush -67kg王者・渡部太基(Golden Globe)に判定勝ちを収め、2013年以来のリベンジを果たしたBigbangウェルター級王者・山際和希(谷山ジム)が出席。試合を振り返った。

 厳しい表情で登壇した山際は開口一番、「昨日の試合は何とか勝つことはできましたが、自分の満足がいく動きではなかったです。何よりファンの皆さんが満足できるような、盛り上がる試合では無かったので、深く反省しております」と反省を口にした。

 この日の会見の冒頭には、宮田充K-1プロデューサーが大会総括の中で、本戦9試合の中でKO決着が1試合のみであったことに触れ、「勝つことをまず大前提に選手もジムもやっているとは思います。ただ、ともすれば前に出る姿勢が欠けてしまう勝利となり、やはり次につながらないものだと感じています」と発言。

 山際についても「渡部選手にリベンジを果たしたかもしれませんが、さらにもう一つ前に出る気持ちでダウンを奪うなり、KOを目指すなりをして欲しかったと思います」とした。

 これを受けて、山際も「前回敗れていたこともあり、絶対に勝ちたいという気持ちがありました。勝ちを意識し過ぎて倒す姿勢を忘れてしまったかと思います」と悔しさをにじませる。また、内容については「渡部選手がかなり距離を詰めてきたので、強い蹴りが打てず、なかなか良い攻撃ができなかったので、それが一つの理由だと思います」と明かした。

「厳しい言葉は真摯に受け止め、次に向けて頑張りたい」と前を向く山際。次戦に向けて、「もし、またチャンスがいただけるなら、下がらずにもっと手数を出して、一発一発の攻撃を思い切りよく打って、KOを狙って行きたいと思います」と意欲を見せた。
 
●編集部おススメ記事
「Krush.75」の全試合結果 
昨年7月大会でも元王者・牧平圭太を破っている牧平

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック