TOP > ニュース

【K-1】冷静沈着ボンジョバーニ「自分の戦いをすることが一番」

2017/04/20(木)UP

公開練習に臨んだボンジョバーニだが、シャドーボクシングを披露するのみにとどまった

 4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~』に出場するチャールズ・ボンジョバーニ(フランス)の公開練習が、20日(木)都内で行われた。

 多くの選手が公開練習ではミット打ちを披露する中、初来日から一貫してミット打ちは行わずに、シャドーボクシングのみにとどめるという秘密主義ぶりを見せてきたボンジョバーニ。この日の公開練習もミット打ちのみで終え、「心身ともに調子はとても良いよ」と順調な仕上がりを言葉でアピールした。

 ボンジョバーニは16戦全勝の戦績を引っさげて2015年9月にK-1初参戦。同年11月には武尊が保持していたスーパー・バンタム級王座に挑戦し、1Rに左ストレートでダウンを奪うも、逆転KO負けを喫した。また、昨年9月には今大会のトーナメント出場者でもある寺戸伸近の保持するKrush -55kg王座にも挑戦したが、1RでKO負けを喫している。

 そんなボンジョバーニが今回のトーナメント1回戦で対戦するのは21歳の石田圭祐(KREST)。現在Krsuhで5連勝中と絶好調の相手だが、ボンジョバーニは「以前の試合映像は見ていろいろと考えてはいる」と多くは語らない。

 また、一度敗れている寺戸へのリベンジについても、「もちろん勝つためにここに来たので、再戦することになれば勝ちたいとは思う。でも、あくまで自分の戦いをすることが一番なので、特にこだわはってはいるわけではないよ」と特に意識はしていないと言う。

「怪我をせずにできるだけ早い時間で終わらせて次の試合に進みたい。その中でコンディションを整えながら決勝まで進みたいと思う」と落ち着いた口調で意気込みを話すボンジョバーニ。「これまでの来日経験を活かして心身ともに良いケアができている。テクニックも確実に向上しているよ」と、確かな手応えと共にトーナメント制覇を目指す。

●編集部おススメ記事
石田圭祐、狙うはトーナメント優勝と寺戸の首
寺戸の「パッとしないメンバー」発言に石田が「おっさん」と噛み付く 

【大会・チケット情報】 4・22 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」
 

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース