TOP > ニュース

【ボクシング】村田諒太、目指すはKOのみ「当たれば倒れるので当てるだけ」

2017/05/18(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

竹原慎二以来、22年ぶりの世界ミドル級王者誕生なるか。村田(左)はエンダム(右)を「倒して勝つ、それだけを考えている」

 5月20日(土)東京・有明コロシアムで開催される『ボクシングフェス2017 トリプル世界タイトルマッチ』の調印式&記者会見が18日(木)都内にて行われた。

 WBA世界ミドル級王座に初挑戦する同級2位の村田諒太(31=帝拳)の相手は、同級暫定王者(1位)のアッサン・エンダム(33=フランス)。

 12戦12勝(9KO)無敗の村田ではあるが、エンダムの戦績は、37戦35勝(21KO)2敗で、これまで5度の世界タイトルマッチに挑むなど経験豊富。

「今度の相手はアッサン・エンダムだ」と、今までの相手とは違うと挑発

 エンダムは会見で「試合まであと2日、こんな良いコンディションが整ったのはこれまでの選手生活の中でも珍しいくらいだ。自分には村田にはない経験が沢山ある。勝つのは自分だ。村田選手にはしっかり準備してきてほしいと願っている。これまで村田は12戦素晴らしい試合を繰り広げてきたと思うが、今度の相手はアッサン・エンダムである。誰でもないこの俺と対戦するということを頭に置いて頑張ってほしい」と釘を刺した。

 挑戦者である村田はこれに勝てば1995年12月にWBA王座を奪取した竹原慎二以来、日本人2人目の世界ミドル級王者となるが、この偉業に向かうプレッシャーを聞かれると「プレッシャーよりも素晴らしい選手との一戦になるので向かっていく楽しみの方がある」とし、試合内容のイメージを問われると「エンダム選手を倒して勝つ、それだけを考えている。当たれば倒れると思うので当てるだけです」と自信をのぞかせた。

●編集部オススメ記事
・村田の右が炸裂、世界前哨戦でKO勝ち
・村田が元世界ランカーを秒殺KO、年内世界戦か

【大会・チケット情報】 5・20 帝拳プロモーション「ボクシングフェス2017 トリプル世界タイトルマッチ」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース