TOP > ニュース

【ボクシング】判定負けのパッキャオにコーチが引退勧告か?

2017/07/03(月)UP

9Rパッキャオ(右)はKO寸前にまで追い込んだが、その他のラウンドはホーンのアグレッシブなファイトが目立った(写真 getty/wowow)

 7月2日、オーストラリア・ブリスベンにて行われたWBO世界ウェルター級タイトルマッチで、6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(38、フィリピン)が同級1位のジェフ・ホーン(29、豪)に0-3の判定で敗れた。

 この試合内容と判定結果について長年パッキャオのコーチを務めるフレディ―・ローチは、ジャッジとレフェリー、そしてパッキャオのパフォーマンスについて不満を述べたことをオーストラリアのデイリー・テレグラフ紙が報じた。

今回の試合の不満をぶちまけたフレディー・ローチ(写真・稲垣収)

 ローチは「少なくともアメリカでなら、ジャッジがこんな奇妙な採点をしたら、ヘッド・コミッショナーは『なぜ、こんな採点になる? 採点の根拠を聞かせてくれ』と言うだろう」と疑問を呈し、レフェリーにも「相手はレスリングみたいに組みついて来たし、後頭部を何度も殴ったり、かなりひどいことをしたがレフェリーは注意しなかった。プロの試合で、こんなのはおかしい。打ち合いのたびに、毎回ヘッドロックされたしね。WBOが何とかすべきだと思う」とローチは憤る。

 この試合は愛弟子パッキャオの判定勝ちだったと信じるローチだが、一方でパッキャオの今回のパフォーマンスにも、かなり不満を感じている。

「たぶん、引退した方がいいんじゃないか、とマニーに話すことになるだろう。これが最後の試合かもしれない」とローチ。「まあ、最終的にはもう一度(映像を見て)この試合を分析してから決めるつもりだが……」

 確かにパッキャオのパフォーマンスはこれまでよりも低く、それは年齢や国会議員との二足の草鞋を履いたことによる練習不足などが原因かもしれないが、果たしてローチはパッキャオに引退勧告を突きつけることになるのだろうか。

●編集部おすすめ
・7月2日、パッキャオが無敗のホーンに敗れ王座陥落
「エキサイトマッチ~世界プロボクシング6階級制覇の英雄パッキャオ 王座防衛戦」 7/3(月)よる8:00WOWOWライブでリピート放送

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック