TOP > ニュース

【Krush】日中対抗戦、今度は日本が中国に乗り込む

2017/07/17(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

中央で国旗を持っているスーツの人物が、中国チームを率いたチェンドン氏

 7月16日(日)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.77 ~日本 vs 中国・6対6全面対抗戦~』の一夜明け会見が、17日(月)都内で行われた。

 会見に出席した中国チームを率いる『GLORY OF HEROES』創設者のチェンドン氏は、「昨日は非常にいい大会をすることが出来て、インターネットで初めて試みたライブ中継は70万ビューを記録しました。これは他の格闘技のネット中継の約10倍。もっと伸びるでしょう」と報告。

 チャイニーズ・ファイティング・プロモーションの岩熊宏幸代表は「ネットライブ配信は初めての試みでした。100万ビューにはすぐいくでしょう。これは有料制で、課金数がかなりありました。新たなビジネスモデルになるのではないでしょうか。中国国内では日中リングアナ対決もよかったですし、日中ラウンドガール対決も初めての試みで好評でした。対抗戦で日本の2勝は価値のある勝利だったと思います」と補足説明した。

 宮田充K-1プロデューサーは「中国には5回くらい選手を一緒に連れて渡り、現地のイベントを見させていただき、ここ数年で中国の格闘技が伸びていることを感じました。単に日本人選手の相手としてではなく、中国の選手が主役になれるようなことを考えてやったのが今回の対抗戦でした。これを始まりとしていろいろな展開が考えられます。いろいろなイベントやマッチメイクを考えたい」と、今後も中国格闘技界との交流を深めていきたいと語る。

 また、チェンドン氏は「1月末か2月上旬にかけてビッグマッチを開催するので、Krushのトップファイターを中国に招聘したい。また試合がしたいです」と提案。

 宮田プロデューサーは「中国では日本の年末に当たるのが1月下旬から2月上旬。今回のイベント前からお話をいただき、これはやるしかないと思っているので、どんなメンバーかはこれから考えますが、今回は里見柚己選手、佐野天馬選手、瑠輝也選手の3人が2勝1敗でイキイキとしたファイトをしてくれたので、来年のメンバーは若い選手を考えています。若い選手と中国に乗り込みたい」と受けて立つ構えであるとした。

●編集部オススメ記事
・大将・卜部も敗れ対抗戦は中国勝利
・【武林風】Krushとの対抗戦第3弾は中国が5勝1敗で3連勝

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース