TOP > ニュース

【RISE】17歳無敗王者・安本晴翔が初参戦、優吾・FLYSKYGYMと激突

2017/08/03(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

17歳のREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者・安本晴翔(右)がRISE初参戦、優吾・FLYSKYGYM(左)と対戦

 9月15日(金)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 119』の追加対戦カードが発表された。

 17歳のREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者・安本晴翔(橋本道場)がRISE初参戦、優吾・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM)と対戦する。

 安本は、那須川天心を筆頭にジュニアキック出身のプロ選手が増加するなか、特に活躍が目ざましい17歳ファイター。安本はジュニア大会を次々と制覇し、獲得したタイトルはなんと24本! 大きな注目を集めながら昨年6月に16歳でプロデビューを果たした。

僅か1年、プロ6戦目となる今年6月のREBELSでベテランの松崎公則を破り、REBELS-MUAYTHAIのタイトルを獲得した安本

 僅か1年、プロ6戦目となる今年6月のREBELSではベテランの松崎公則を破り、REBELS-MUAYTHAIのタイトルを獲得した。現在、7戦6勝1分の無敗記録を更新中。

 対するは優吾もジュニア時代からタイトルを獲得しプロへ転向。そして高校在学中にRISEの新人王トーナメント・RISING ROOKIES CUPを制覇。今年3月にはSBランカーの植山征紀、5月に知花デビットといった格上の強豪選手から勝利を収めている。

宮崎就斗(左)と上杉文博(右)が対戦

 また、前回大会で佐野貴信との接戦を制した宮崎就斗(TARGET)がDEAD OR ALIVEトーナメント出場を目指し連続参戦。対するはRISE二度目の参戦となるDEEP☆KICK推薦の上杉文博(究道会館)。初参戦は2015年5月31日。郷州力(現:郷州征宜)と延長に及ぶ接戦で判定負けとなりましたが、今年7月9日のHOOST CUPでタイトルを奪取している。関西最強のフェザー級ファイターがRISEに再登場となった。

●編集部オススメ記事
・松崎が41歳で二階級制覇を達成、中年の星宣言
・安本が5連勝でタイトル挑戦権を獲得

<追加対戦カード>

▼バンタム級(-55kg) 3分3R延長1R
優吾・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM/RISEバンタム級4位)
vs
安本晴翔(橋本道場/REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者)
 
▼-57kg契約 3分3R延長1R
宮崎就斗(TARGET/RISEバンタム級3位)
vs
上杉文博(究道会館/HOOST CUP日本フェザー級王者、ACCELフェザー級王者) 

【大会・チケット情報】 9・15 RISEクリエーション株式会社「RISE 119」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック