TOP > ニュース

【ボクシング】マクレガー、敗因は「ダメージではなく疲労」

2017/08/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

世紀の一戦を終え、マクレガーは本来の戦場であるUFCへ戻る(写真はUFCでの試合)

 8月26日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガス・Tモバイル・アリーナで行われた、ボクシング5階級制覇のフロイド・メイウェザー(40=米国)とUFC同時二階級制覇のコナー・マクレガー(29=アイルランド)による“世紀の一戦”は、メイウェザーが10R1分5秒、レフェリーストップによるTKO勝ちを収めた。

 試合後、インタビューを受けたマクレガーは「メイウェザーはあんなにいいパンチがある凄いボクサーだった。数字(戦績・キャリア)がものを言うとはこのことだね。ラウンド毎に彼のパンチは強くなっていった。正直彼のパンチは凄かった。さすが50戦50勝だ。でも接戦だったと思う」と試合を振り返った。

UFCでの復帰はいつになるのか

 レフェリーストップに関しては「もっと続けさせてもらえればよかった。本当は試合を続けさせて欲しかった。疲れだ。ダメージじゃない。接戦だったと言いたい。序盤は自分がリードしていた。最後の2Rだけだ」と、敗因は疲労だと語り、もっとやりたかったと話す。

 今後については「これからも頑張りたい。ボクシングは好きだ。もちろんUFCに戻る」とUFCでの現役続行を宣言。この試合で大金を手にしたことを聞かれると「そんなことはどうでもいい」と答えた。

 そして、笑顔でいることを聞かれると「ファンがいるからこういう顔をしている」とし、「俺が侵したリスクに対しては誰も何も言えないだろう。俺は相手の首やアゴにパンチを当てて見せたんだ」と、メイウェザーを相手に10R戦ったことに胸を張った。

All Photo(C)DAZN

●編集部オススメ記事
・世紀の一戦はメイウェザーが10RでTKO勝ち
・メイウェザーvsマクレガー公開計量でも火花

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック