TOP > ニュース

【ZST】関鉄矢vs橘川尋貴でフェザー級王座決定戦

2017/11/06(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

橘川(左)vs関(右)で第4代ZSTフェザー級王者決定戦が争われる

 11月25日(土)東京・ディファ有明で開催される『ZST.58~旗揚げ15周年記念大会~』の主要対戦カードが発表された。

 第3代ZSTフェザー級王者・加藤惇が練習中の負傷のためベルトを返上。それに伴い関鉄矢(23=SONIC SQUAD)vs橘川尋貴(19=和術慧舟會駿河道場)で第4代ZSTフェザー級王者決定戦が行われる。

 関は強打の打撃力を持ち、9月大会でTKO勝ちして4連勝を達成。「この階級では僕が一番強いのでベルトを下さい」とアピールし、今回の王座決定戦が実現した。対する橘川はチョークを得意とし、7勝のうち5勝がチョークによる一本勝ち。思い切りのいい打撃も持ち合わせる。

 両者は2016年11月に対戦し、関がアームバーで勝利を収めている。橘川はその後2連勝を飾っており、関へのリベンジマッチに臨む。

かつて“ZSTの鉄人”と呼ばれた清水(左)が古巣に戻り、現バンタム級王者・柏崎(右)と対戦

 ZSTバンタム級王者・柏﨑剛(21=K-PLACE埼玉格闘技道場)は清水俊一(32=総合格闘技宇留野道場/ HybridFighter)とノンタイトルで対戦。

 柏崎は関節・絞め技の極めの強さを武器にデビューから16戦負けなしの快進撃を続けていたが、2016年11月に手塚基伸に初黒星。今年10月の『GRANDSLAM6』で復帰戦を行い、肩固めで一本勝ちしている。対する清水はプロデビュー戦からZSTで活躍して“ZSTの鉄人”と呼ばれていたが、近年はパンクラスに参戦。2014年1月にはUFCにも出場を果たしている。2015年12月から7連敗と不調が続いていたが、10月のパンクラスで10戦ぶりの勝利を飾り、古巣ZSTに凱旋する。

●編集部オススメ
・王者・山田崇太郎が圧勝、オモプラッタで一本勝ち
・ボブ・サップ戦を目指す平信一の3戦目決定「相手が気絶するまで投げる」

ZST実行委員会/ZSTインターナショナル
「ZST.58~旗揚げ15周年記念大会~」
2017年11月25日(土)東京・ディファ有明
開場14:00 SWAT!162開始14:10
本戦開始16:00(予定)

<決定対戦カード>

▼第4代ZSTフェザー級王者決定戦 5分3R
関 鉄矢(SONIC SQUAD)
vs
橘川尋貴(和術慧舟會駿河道場)

▼ZSTルール バンタム級 5分2R
柏﨑 剛(K-PLACE 埼玉格闘技道場)
vs
清水俊一(総合格闘技宇留野道場/HybridFighter)

▼ZSTルール フェザー級 5分2R
直斗(総合格闘技宇留野道場)
vs
パク・へジン(韓国/SSEN GYM)

▼ZSTルール ストロー級 5分2R
田沼良介(リバーサルジム茅ヶ崎グランドスラム)
vs
津村有哉(リバーサルジム川口リディプス)

▼ZSTルール フライ級 5分2R
竿本樹生(BRAVE GYM)
vs
ジョン・ウォンニ(韓国/SSEN GYM)

▼ZSTルール フェザー級 5分2R
安田けん(SONIC SQUAD)
vs
金井塚信之(リバーサルジム東京スタンドアウト)

▼ZSTルール ライト級 5分2R
小金 翔(フリー)
vs
岡澤弘太(リバーサルジム横浜グランドスラム)

▼ZSTルール フライ級 5分2R
田村 淳(拳心會)
vs
川端祐樹(NEO JUDO ACADEMY)

▼ZSTルール フライ級 5分2R
有川直毅(K-PLACE 埼玉格闘技道場)
vs
望月卓弥(SUBMIT MMA)

▼ZSTルール フェザー級 5分2R
渡部拳士郎(フリー)
vs
川村 謙(リバーサルジム東京スタンドアウト)

<チケット料金>
VIP席(最前列) 8,000円 SRS席6,000円
S席5,000円 A席4,500円
立見券4,000円 小中立見券2,000円
※当日券は全て500円増し。

<チケット販売所>
チケットぴあ=TEL:0570-02-9999(P コード:594-770)

<お問い合わせ>
ZST実行委員会=TEL:03-6450-6575

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース