TOP > 試合結果

【ZST】王者・山田崇太郎が圧勝、オモプラッタで一本勝ち

2017/09/10(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ZST実行委員会/ZSTインターナショナル
「ZST.57」
2017年9月10日(日)東京・ディファ有明

白鳥(手前)に何もさせずオモプラッタで一本勝ちした山田(奥)

▼第12試合 メインイベント ZSTルール 78.5㎏以下契約 5分2R
○山田崇太郎(GSA/総合格闘技津田沼道場/ZSTウェルター級王者)
一本 1R1分12秒 ※オモプラッタ
●白鳥竜彦(FACT MMA アカデミー)

 山田は昨年8月の第5代ZSTウェルター級王者決定戦でカン・ジョンミンから一本勝ちして戴冠後初の試合。約1年ぶりの試合となった。対する白鳥は現在3連勝中。

 1R、白鳥のパンチをかいくぐって組み付いた山田はグラウンドに引き込みながらオモプラッタを仕掛けつつフットチョークを狙ったが、これは逃げられる。

 オモプラッタの状態を保ちながら山田が起き上がると、腕をそのまま極められた白鳥はたまらずタップ。山田が一本勝ちした。

 

 


島村(下)をパウンド連打で沈めた関(上)

▼第11試合 セミファイナル ZSTルール フェザー級 5分2R
○関 鉄矢(SONIC SQUAD)
TKO 2R1分43秒 ※レフェリーストップ
●島村 裕(総合格闘技宇留野道場)

 2013年4月以降の樋沼朝光戦以降、ZSTのリングから離れていた島村がZSTの王座を狙い、4年半ぶりにZST復帰。対する関は
強打の打撃力を武器に3連勝中。

 1R、島村は関の打撃をもらいながらも組み付きガッチリ抑え込みながらパウンド。関が立ち上がると、バックに付いたままの島村は豪快に持ち上げて投げを見舞う。

 スタンドに戻り、果敢に打ち合いにいく島村に、長身の関は打ち合いに応じる。終盤には島村が腕十字を仕掛け、これを脱出した関がパウンド連打で襲いかかる。

 2R、打ち合いに誘いこむ関に、島村は意地を見せてパンチ勝負。関のパンチが次々と当たり、島村には疲れも見える。フラフラの島村のタックルを潰した関がパウンド連打で襲いかかると、島村は防戦一方となりレフェリーがストップした。マイクを握った関は「この階級では僕が一番強いのでベルトを下さい」とアピールした。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果