TOP > ニュース

【Krush】100勝目をあげたゴンナパーが欲張る「ウェイ・ルイ、野杁正明と戦いたい」

2017/11/06(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

文字通り勝利の美酒に酔いしれ「飲みすぎちゃった」とご機嫌なゴンナパー

 11月5日(日)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.82』の一夜明け会見が、6日(月)都内にて行われた。

 第3代Bigbangスーパー・ライト級王者の林健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を1R2分7秒、右フックでKOしたWPMF世界スーパー・ライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)が会見に出席。

 昨夜の試合が通算100勝目だったということで「昨日は試合後にパーティーがあって飲みすぎちゃったよ」と笑顔で語り、「まず昨日の試合に勝ててうれしいよ。(林の印象は)試合映像を見る限り、パンチが強い選手だと思っていたんだけど、あまり長い時間戦っていないから分からずに終わってしまった。(KOした場面について)すごく冷静だった。ほとんど相手のパンチは見えていて、今回はパンチの練習をしていたので、パンチを返そうと思っていた」と試合を振り返った。

蹴りだけでなくパンチの強さも証明したゴンナパー

 蹴りの印象が強いゴンナパーだが、パンチについて聞くと「以前は自分は蹴りの選手だと思っていたけど、K-1を意識してパンチを強くしようと練習して、それでパンチが強くなった。もともとタイでボクシングをやっていた経験があって、日本に来てからはウィラサクレック会長のもとでパンチを練習してきた。それでパンチ力とスピードが上がったのを感じている。(Krushで戦った感想は?)初めてのKrush参戦でたくさんファンが応援してくれて、ファンが増えていることがうれしい」と、K-1やKrushのスタイルに順応してきたようだ。

 宮田充K-1プロデューサーが「個人的にはゴンナパー選手に毎月でも試合をやってほしいですが(笑)、今後については何が一番いい流れかを考えたいです」とコメントすると、ゴンナパーは「K-1でもKrushでも活躍したい。(K-1ライト級王者の)ウェイ・ルイにもリベンジしたいし、-65kgでも戦えるので(K-1スーパー・ライト級王者の)野杁正明とも戦いたい」とK-1二階級制覇の野望をぶちあける“欲張り”ぶりを見せた。

●編集部オススメ
・11・5「Krush.82」の全試合結果
・ゴンナパーが潘と熱闘、V2達成

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース