TOP > ニュース

【UFC】KOで王座陥落の“氷の女王”ヨアナ、5月に王座奪還宣言

2017/11/15(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

UFCストロー級王座を5度防衛したヨアナが、2018年5月に王座奪回を宣言 Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

 K-1を4度制覇したアーネスト・ホーストの弟子で、元キック世界王者にしてUFCストロー級王座を5度防衛したヨアナ・イェンドジェイチェク(30=ポーランド)。冷酷な打撃連打で相手を血まみれにして勝利する姿から“氷の女王”の異名を取った彼女は、11月4日(土・現地時間)に米ニューヨークで開催されたUFC 217で、“パット・バリーの婚約者”ローズ・ナマユナス(25=米国)に、まさかの初回TKO負けで、王座陥落した。

 だが試合の約1週間後、ヨアナはインターネットTV番組『MMAアワー』にテレビ電話で出演し、復活を宣言。

 UFC女子バンタム級で“絶対女王”と呼ばれたロンダ・ラウジーが王座陥落して以来、ヨアナは女子MMA界の“最強の王者”であり、ナマユナスに勝っていればロンダの6連続防衛記録とタイになるはずだった。

ナマユナス(左)に1R3分3秒、KO負けを喫したヨアナ Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

 絶対女王の王座陥落は世界中の格闘技ファンを驚かせたが、『MMAアワー』でヨアナは「私は5月にまた王者になる」と力強く宣言。「覚えておいて。5月に私はカムバックする。ローズがその時まだ王座にいるかどうかは、どうでもいい」と、誰がその時王者になっていようとベルトを奪還することを誓った。

「私こそがグレーテストだし、今でも自分が王者だと思ってる。これは映画の一部にすぎないわ。彼女にベルトを獲られても私はまだ王者よ。カムバックする。すぐに」と、前回の敗戦も自分の復活ストーリーを盛り上げるための試練に過ぎないと語る。

 ヨアナは、デイナ・ホワイトUFC社長もすぐにローズと再戦させることを約束してくれたという。「試合後の記者会見の後、デイナと会ったわ。デイナは私をハグしてくれて、『私たちは君のことが大好きだし、それは変わらない。敗戦によって、一層キミのことが好きになったくらいだ。キミの再起戦は、今回の試合よりずっとビッグなものになるぞ』と言ってくれたの」

ヨアンナのInstagramより。試合後の休暇で元気な姿をファンに報告。ビーチでのセクシーショットを披露

 たしかに、無敵に見えたヨアナが惨敗を喫し、すべてを賭けてカムバックする、というのは、大いに注目が集まるストーリーだ。

 はたして5月の再起戦で、ヨアナは王座を再びつかむことが出来るのか。ロンダはホーリー・ホルムにKOされた後の再起戦で、新女王アマンダ・ヌネスに何も出来ずに1Rで秒殺KOされてしまった。もしヨアナが王座奪還に成功すれば、その時こそ彼女がロンダを超えて“真のスーパースター”になるときだ。

●編集部オススメ
・ナマユナスにまさかのKO負け、ヨアナが王座陥落
・UFCストロー級王座を狙う日本の朱里

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース