TOP > ニュース

【RIZIN】RENAを絞め落として優勝した浅倉カンナ、成人式にベルト持参

2018/01/01(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

RENAを絞め落とすという衝撃的な結末で、女子トーナメントを制覇した浅倉

 2017年12月31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』で、「RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント」優勝を果たした浅倉カンナ(パラエストラ松戸)が大会終了後に喜びを語った。

 浅倉は決勝戦で、RIZIN女子部門のエースで5戦全勝のRENA(シーザージム)を1R4分34秒、チョークスリーパーで絞め落とすという衝撃的決着で栄冠を勝ち取った。

「素直に嬉しいです。内容は緊張していて覚えていないんですが、準決勝、決勝とも一本で勝ち上がれて嬉しいです。練習でやってきたことがやっと出せました。(一緒に練習もした)RENAさんとはやりづらかったですが、絶対に上がって来てくれると信じていたので自分も勝ち上がって、試合では対戦相手として見て戦いました。打撃の怖さはありました。打撃に付き合ったらまずいと思ったので仕留められるところでいかないと、というのがありましたね。結果、極めることが出来たので良かったと思います」と試合を振り返る。

 最初にタックルを防がれた時は「ちょっと焦りました。これは寝かせた時に一気に行かないといけないと思いました。最後は覚えてないです。いけると思って、ここしかないと思って極めに行きました。今まで凄く練習をやってきて、それが自信になりました。練習をやっていれば結果に出るなって思いました」という。

 外国人記者から「世界にショックを与えた勝利」との言葉をかけられると、「RENAさんが勝つと思っていた人もいっぱいいると思うので、それをひっくり返せたという想いです。でも、まだ実感が沸いてないです」との返答。

 RENAからはリング上で「絶対にやり返すからな」と言われたと言い、「うわあ、さすが姉さんですって感じでしたね。正直、もうやりたくないですれけど。試合前もどうしていいか分からなくて。でもRENAさんも試合となったらやるしかないと言ってくれて。ファイターとして尊敬しています」と、リスペクトを示した。

 初めてチャンピオンベルトを手にしたことには「ベルトの重みは感じます。去年は負けて泣いて、今日は嬉しくて泣いて。1年で変わったなって思います」と話し、「このベルトの持ち方も分からないくらいですが、チャンピオンになったからこそ、チャンピオンとしてRIZINに出場して引っ張っていけるような存在になれるように、頑張ることがいっぱいある。だから格闘技って楽しいなって思います。これからもまだまだだと思っているので、チャレンジャーとして頑張りたいし、追われる立場にもなるので頑張りたい」と、さらなる向上心を見せた。

 また、1月8日には成人式を迎えるが「終わってからのことを全く考えていなかったんですが、ベルトを持って行きたいです」とベルト持参で式に参加したいと語った。

●編集部オススメ

・【RIZIN】試合結果速報=2017年12月31日

・RENAが笑顔のガッツポーズで計量クリアー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース