TOP > ニュース

【グランドスラム】ライカが太極拳の使い手を迎え撃つ

2018/03/13(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ライカ(左)の相手は、キックボクサーで武術太極拳の使い手だというスルギ(右)に決定

 3月25日 (日)東京・ディファ有明にて開催される『GRANDSLAM7 ―WAY OF THE CAGE―』の追加対戦カードが発表された。

 出場が決定していた元プロボクシング世界王者ライカ(42=RIGHT THING ACADEMY)の対戦相手が、ジョン・スルギ(韓国)に決定。

 ライカは女子プロボクシングで世界三階級制覇を達成し、日本の女子プロボクシングの礎を築いた。2014年1月にボクシングを引退し、同年9月に韓国でMMA(総合格闘技)デビュー。中井りん、杉山しずからに連敗を喫するも、2015年5月に初勝利。現在はDEEP、ROAD FCなどで活躍し、昨年10月の『TTF CHALLENGE 07』ではチョークスリーパーで勝利して5連勝をマークした。対するスルギはキックボクサーだが、武術太極拳でも実績のある選手だという。

森(左)の相手は逆輸入ファイターの赤沢(右)に変更

 当初、第2代ZSTフェザー級王者・森興二(28=X-ONE GYM湘南)との対戦が決まっていたレッツ豪太(総合格闘技コブラ会)は練習中の負傷(拳骨折)により欠場。代わって赤沢幸典(26=TristarGym)が森と対戦する。赤沢は勝っても負けてもKO決着が信条の「北海の新鋭」。今回はカナダ・モントリオールでの武者修行から緊急帰国する。

鈴木(左)vs工藤(右)の若手対決

 また、工藤諒司(24=TRIBE TOKYO MMA)の対戦相手は鈴木琢人(22=ブルテリア・ボンサイ)に決定した。

 工藤はレスリングでインターハイに出場した実績を持ち、現在プロ2連勝。新人であるが強すぎるため対戦相手がなかなか見つからないという状況の中、2016年ネオブラッド・トーナメント(パンクラスの新人王戦)フェザー級優勝の実績を持つ鈴木が名乗りをあげた。鈴木は柔術をベースに持ち、パンクラスでは4勝1敗の戦績。

<決定対戦カード>

▼ウェルター級 5分3R
森 興二(X-ONE GYM湘南/第2代ZSTフェザー級元王者)
vs
赤沢幸典(TristarGym)

▼フェザー級 5分3R
鈴木琢人(ブルテリア・ボンサイ)
vs
工藤諒司(TRIBE TOKYO MMA)

▼フライ級 5分2R延長Rあり
ライカ(RIGHT THING ACADEMY)
vs
ジョン・スルギ(韓国/TEAM HON)

▼ライト級 5分2R延長Rあり
鈴木一史(リバーサルジム新宿Me,We)
vs
石浦良平(リバーサルジム横浜グランドスラム)

【大会・チケット情報】 3・25 GRANDSLAM実行委員会「GRANDSLAM7 - WAY OF THE CAGE -」

●編集部オススメ

・元修斗世界王者・門脇英基、女子ボクシングのライカら参戦決定

・UFC再出撃狙う田中路教、13戦無敗ボントリンをチョーク葬

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース