TOP > ニュース

【J-NETWORK】王者・小嶋勇貴への挑戦権懸けたトーナメント決勝

2018/03/22(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

王者・小嶋への挑戦権をかけた森(左)と工藤(右)の対決

 5月6日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『J-KICK 2018~2nd~』の追加対戦カードが発表された。

 J-NETWORK&WPMF日本バンタム級王者・小嶋勇貴(NFG)への挑戦権を懸けたトーナメントの決勝戦が行われる。決勝戦を争うのは8勝のうち7つのKO勝ちを持つ森貴慎(トイカツ道場/J-NETWORKバンタム級1位)vs工藤“red”玲央(TEAM TEPPEN/J-NETWORKバンタム級6位)。

準決勝で、安達浩平(左)との新旧新人王対決を制した森(右)

 森は2016年8月のJ-NET初参戦を1RKO勝利で飾り、さらに2016年度新人王トーナメントを1回戦、決勝戦共に対戦相手を1RKOで下し優勝。昨年8月、自身初のタイトルマッチへ挑戦するも当時無敗のルーキー・小嶋勇貴に判定負けを喫し王座奪取を逃した。

 同年12月には大型ルーキー・大﨑孔稀に2RKOで敗戦を喫し、再起戦となった今年3月の同トーナメント一回戦では、2017年度新人王の安達浩平と対戦。判定2-0で新旧新人王対決を制した。

準決勝、TEAM TEPPEN移籍後、初の試合でKO勝ちした工藤(右)

 対する工藤は昨年秋に拠点を“神童”那須川天心の父・那須川弘幸氏が代表を務めるTEAM TEPPENに移し、練習に励んでいる。3月の同トーナメント一回戦では2016年5月に一度対戦し2RKOで下している九十田真悟と対戦。2RTKOで再戦を制し、決勝戦への切符を手に入れた。

 森が再度小嶋への挑戦権を手に入れるのか、工藤が自身初のタイトルマッチへ勝ち進むのか。

 また、I-CROW(Kick In The Door/元J-NETWORKスーパーライト級6位)vsマサ・オオヤ(八王子FSG/元NKBウェルター級5位)の対戦も決定した。

<追加対戦カード>

▼J-NETWORKバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
森貴慎(トイカツ道場/J-NETWORKバンタム級1位 J-NETWORK2016年度同級新人王)
vs
工藤“red”玲央(TEAM TEPPEN/J-NETWORKバンタム級6位)

▼スーパーライト級 3分3R※肘有り
I-CROW(Kick In The Door/元J-NETWORKスーパーライト級6位)
vs
マサ・オオヤ(八王子FSG/元NKBウェルター級5位)

●編集部オススメ

・森と工藤の準決勝戦

・空手こまちvs浅井春香、王座決定戦で決着試合

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース