TOP > ニュース

【Krush】挑戦者ゴンナパー、王者に余裕のKO宣言「全く怖くない」

2018/04/19(木)UP

佐々木とのタイトルマッチに自信満々のゴンナパー

 4月22日(日)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.87』にて、Krush -63kgタイトルマッチで王者・佐々木大蔵(27=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に挑戦する、WPMF世界スーパーライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(25=タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)のコメントが主催者を通じて届いた。

 ゴンナパーは強烈な左の蹴りを武器に、K-1で元Krush -63kg&-65kg王者・山崎秀晃や元K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者・卜部功也を撃破したムエタイの強豪選手。
 Krushでは昨年11月に初参戦し、Bigbangスーパーライト級王者・林健太を1RでKO。2月の挑戦者決定戦でMA日本スーパーライト級王者・石田勝希を2RでKOして挑戦者となった。

 対する王者の佐々木は2016年6月に第4代王座に就き、10月には初防衛に成功。昨年は2月のK-1でウェイ・ルイにKO負けした後、6月の武林風、8月の2度目の防衛戦と2連勝するが、11月のK-1で平本蓮に敗北した。

挑戦者決定戦では強烈な飛びヒザ蹴りでKOした

 ゴンナパーは公開練習時に「佐々木には片手で勝てる」と左手のみにグローブをはめたスパーリングを披露。今でもその自信は変わらず「佐々木のファイトスタイルは全く怖くないし、おそらくKO勝ち出来ると思っているよ」と余裕のKO宣言。

 佐々木はK-1で「叩き上げのテクニシャン」のキャッチコピーをつけられているが、ゴンナパーは佐々木のテクニックを「確かにK-1ルールで言えばテクニックはあるかもしれない。でもそれはK-1ルールに特化しているだけで、トータル的に見て自分の方が強いと思っている」と評し自信を崩さない。

 挑戦者決定戦では飛びヒザ蹴りでKO勝ちしたゴンナパー。「K-1(Krush)ルールはパンチ、そしてパンチからつなげるヒザ蹴りが有効だなと感じた」と、ルールに対応してきているとアピール。「まだ試合では見せていないけど、このルールで戦うために色んな技を練習している。相手が思いもよらないような技を出して、それを上手く当てられたらいい」と技の引き出しを増やしているとも語った。

 Krushのベルトへの思いについては「今、自分はKrushで戦っているので、Krushでベルトを巻くことができたら嬉しい。もちろんまたK-1のリングにも上がりたいと思うし、Krushでチャンピオンになったら、Krushのベルトを防衛しながら、K-1のベルトも狙っていきたいと思う」と先を見据え、22日の王座奪取に挑む。

●編集部オススメ

・ゴンナパーが強烈ヒザ蹴りKO勝ち、王座挑戦権を獲得

・ゴンナパー、王者・佐々木大蔵には「片手で勝てる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース