TOP > ニュース

【Krush】瓦田脩二vs中野滉太の無敗ホープ同士激突、松下大紀vsジョージの殴り合い対決が決定

2018/06/01(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

瓦田(左)vs中野(右)。本戦は引き分けが無いため、必ずどちらかに初黒星が付く

 7月22日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.90』の記者会見が、6月1日(金)都内にて行われ追加対戦カードが発表された。

 瓦田脩二(24=K-1ジム総本部チームペガサス)vs中野滉太(19=POWER OF DREAM)のライト級戦が決定。瓦田は第4回K-1アマチュア全日本大会優勝、プロ戦績は4戦4勝(3KO)。中野のプロ戦績は3戦3勝(3KO)で、無敗対決となる。

 中野は「皆さんに少しでも知ってもらえるように、絶対に倒して勝ちます。瓦田選手は何でも出来る選手。しっかり勝って先輩たちと同じようにトップで戦えればと思います。ここまで無敗で来れたのも日頃からの練習の成果だと思っています。練習量では負けていないと思うので、勝てるように頑張ります。KOを狙うとかはなく、自分は自分の戦い方で倒せればと思っています。インパクトを残して倒す時に倒します」と意気込み。

 瓦田は「前回から粗削りだったことを修正してきて、毎日充実した練習が出来ています。応援してくれる人たちの期待を裏切らないように頑張ります。中野選手は前回顔面へのヒザ蹴りでKOしていて、距離感があって上手い選手。でもこの一戦に懸ける想いは絶対に自分の方が強いので、そこを見せられたら。連勝とか考えていなくてこの一戦に懸けています。いくつか倒し方を考えて練習しています。倒し方にはこだわっていなくて、泥臭くても倒しに行けたらと思っています」と、この一戦に懸けて倒しに行くと宣言した。

松下(左)vsジョージ(右)バチバチの殴り合いが期待できそうだ

 松下大紀(22=K-1ジム川口TEAM SIRIUS)vsジョージ(32=CLUB.E.D.O)のスーパー・ライト級戦も決定。松下は4連敗を喫していたが、5月大会で第2代Krushスーパー・ライト級王者・寺崎直樹を初回KOで破り連敗脱出。初参戦のジョージはRISEの新人王トーナメントで2016年ウェルター級優勝。戦績は11勝(4KO)4敗1分。

 松下は「次の試合も集中してKOで倒しに行きたい。前回のようにいい動きが出来ると思います。連敗を脱出して新しい気持ちで、シリウス(今回からの新チーム名=地球上から見える最も明るい恒星)の意味通りで一番目立てればいいなと思います。ジョージ選手のことは知らなかったんですが、これから映像を見て確実に僕が仕留めます。ボコボコにぶん殴って圧勝してやりたい」と豪語。

 ジョージは「Krushのリングは誰が見ても面白くて見ている人に感動を与えると思います。当日はばっちりKOして、もっと上のステージに行きたい。松下選手はアグレッシブでガンガン前に来て殴り合って倒すイメージ。そこは自分も同じタイプなので面白い噛み合う試合になると思います。このマッチメイクはそういうことだと思うので、思い切りぶん殴ってやろうと思います。自分はテクニシャンでもないし、根性出して殴りっこして、どっちが強いか…そういう試合を見るのもやるもの好き。殴り合いが好きなのでそこを見てもらって大会が盛り上がればいいかなと思います」と、殴り合い上等だと語った。

<決定対戦カード>

▼ライト級 3分3R延長1R
瓦田脩二(24=K-1ジム総本部チームペガサス)
vs
中野滉太(19=POWER OF DREAM)

▼スーパー・ライト級 3分3R延長1R
松下大紀(22=K-1ジム川口TEAM SIRIUS)
vs
ジョージ(32=CLUB.E.D.O)

▼ライト級 3分3R
関川和将(28=DTS GYM)
vs
佐野純平(22=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

●編集部オススメ

・松下大紀が元王者にKO勝ちで4連敗から脱出

・日中対抗戦で左右田泰臣が驚きの提案「負けた方が髪を切る」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース