TOP > 選手名鑑 一覧 >大和哲也 (K-1)

 

大和哲也 (Yamato Tetsuya) ※本名は岩下哲也
(1) 1987年12月10日 (2) 愛知県
(3) 171cm・-kg (4) 大和ジム

(5) ニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)
(6) 2005年7月31日=小川英二(R.I.S.E.:大森ゴールドジムサウス東京ANNEX)
(7) WBCムエタイ世界スーパーライト級王者
・Lion Fight世界スーパーライト級王者
・WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級王者(防衛回数:1)
・第3代WBCムエタイ日本スーパーライト級王者
・ 2010K-1MAX-63kg日本トーナメント優勝
・WBCムエタイ日本ライト級王者
・NJKF日本ライト級王者
・WMCライト級インターコンチネンタル王者
(9) オーソドックス
(10) キックボクシング
[戦績]54戦38勝(28KO)15敗1分
ブログ:まだまだ小チャイスーだがね!

~全戦績~

2017年8月20日Krush.79 ~in NAGOYA~
愛知・名古屋国際会議場イベントホール
○【2R58秒 KO】エルソン・パトリック(アンゴラ/Strikers League)

2017年4月22日「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」
東京・国立代々木競技場第二体育館
○【2R58秒 KO】HIROYA(TRY HARD GYM)

2016年8月7日「KUNLUN FIGHT 49×REBELS.45」
東京・大田区総合体育館
●【3R判定0-3】ペッタノン・バンチャメーク(タイ)

2016年4月17日「RIZIN.1」
愛知・日本ガイシホール
○【1R2分37秒 TKO】山口裕人(山口道場) 

2016年3月19日「YOKKAO 17」
イギリス・ボルトン
●【判定】リアム・ハリソン(イギリス)
※YOKKAO-65kg王座決定戦 

2015年12月27日「HOOST CUP~KINGS NAGOYA~」
愛知・名古屋国際会議場イベントホール
○【5R判定2-0】パコーン・PKセンチャイムエタイジム(タイ)

2015年9月27日「NJKF 2015 6th」
東京・後楽園ホール
●【5R判定0-3】アランチャイ・ギャットパッタラパン(タイ)
※WBCムエタイ世界スーパーライト級王座統一戦で初防衛に失敗

2015年5月10日「NJKF2015 3rd」
東京・後楽園ホール

●【5R判定0-3】ゴーンサック・P.K.セーンチャイムエタイジム(タイ) 

2015年3月27日「Lion Fight 21」
アメリカ・ロサンゼルス Pachange Resort and Casino
○【1R2分43秒 TKO】ケビン・ロス(アメリカ)
※Lion Fight世界スーパーライト級タイトルマッチ 

2014年11月15日「NJKF 2014 8th」
東京・後楽園ホール

○【3R1分53秒 TKO】サゲッダーオ・ペットパヤタイ(タイ)
※WBCムエタイ世界スーパーライト級タイトルマッチ 

2014年7月21日「NJKF 2014 5th」
東京・後楽園ホール
○【3R3分00秒 TKO】ファイパー・シップンミー(タイ) 

2014年2月16日「NJKF 2014 1st」
東京・後楽園ホール

○【5R判定3-0】野杁正明(OISHI GYM)
※WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級タイトルマッチで初防衛 

2013年9月20日「LION FIGHT 11」
アメリカ・ネバダ州ラスベガス the D Las Vegas
○【3R判定2-1】ケビン・ロス(アメリカ) 

2013年5月16日「M-ONE GRAND MUAY THAI」
アメリカ・ロサンゼルス サンマニュエル・インディアン・ビンゴ&カジノ
●【4R TKO】サゲッダーオ・ペットパヤタイ(タイ)
※WBCムエタイ世界スーパーライト級タイトルマッチ

2013年2月17日「NJKF 2013 1st」
●【3R判定0-3】ガンスワン(タイ)

2012年9月22日「NJKF KICK TO THE FUTURE 6」
○【5R判定3-0】ポール・カーポウィッツ(イギリス) 
※WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級王座決定戦

2012年6月24日「NJKF KICK TO THE FUTURE 3」
○【2R1分29秒 TKO】高橋誠治(東京町田金子) 
※WBCムエタイ日本スーパーライト級タイトルマッチで第3代王者に

2012年5月20日「ホーストカップ ~Departure~」
○【3R判定3-0】セルジオ・ヴィールセン(スリナム共和国)

2012年2月18日「NJKF KICK TO THE FUTURE 1」
○【1R2分28秒 KO】デンサイアム・ルークプラバーツ(タイ)

2011年12月9日「Krush.14」
●【3R判定0-3】梶原龍児(チームドラゴン) 
※Krush-63kg級タイトルマッチ

2011年10月2日「WBCムエタイ・ジャパン第2回大会 The Path to the World Champion」
●【5R判定0-3】ジョムトーン・チューワッタナ(タイ)

2011年8月14日「M1 ムエタイ・グランド・チャンピオンシップ(アメリカ)」
○【3R2分24秒 TKO】シュガー・ケイン・コーク・チュナワット(タイ)

2011年6月25日「K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL(準決勝)」
●【3R判定0-3】卜部功也(チームドラゴン)

2011年6月25日「K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL(準々決勝)」
○【3R判定3-0】HIROYA(TRY HARD)

2011年5月21日「NJKF 15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 3」
○【2R1分30秒 TKO】西山誠人(アクティブJ)

2010年12月31日「Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~」
△【3R判定1-0】西浦”ウィッキー”聡生(STGY)

2010年9月20日「Krush.10」
●【3R判定0-3】卜部功也(チームドラゴン)

2010年7月5日「K-1 WORLD MAX 2010 ~-63kg Japan Tournament FINAL~」
○【3R1分26秒 KO】久保優太(アンリミテッド) 
※-63kg Japan Tournament 決勝戦

2010年7月5日「K-1 WORLD MAX 2010 ~-63kg Japan Tournament FINAL~(準決勝)」
○【2R2分13秒 KO】才賀紀左衛門(アンリミテッド)

2010年7月5日「K-1 WORLD MAX 2010 ~-63kg Japan Tournament FINAL~(準々決勝)」
○【1R3分03秒 KO】裕樹(リアルディール)

2010年5月2日「K-1 WORLD MAX 2010 ~-63kg Japan Tournament 1st Round~(一回戦)」
○【4R判定3-0】山本真弘(藤原)

2010年3月14日「ワールド・チャンピオン・ムエタイ・エクストラバギャンザ(アメリカ)」
●【3R2分13秒 KO】センチャイ・ソー・キングスター(タイ) 
※MTAA世界ライト級王座決定戦

2009年12月23日「THE ORIGIN OF KICK BOXING ~キックの源流 大和魂集結!~」
○【3R1分05秒 KO】ラチャヨーティン・ワイルドシーサー(タイ)

2009年12月4日「MA日本キック BREAK THROUGH-14~突破口~」
○【4R2分22秒 TKO】河野雄大(武勇会) 
※WBCムエタイルール日本統一王座決定戦ライト級決勝戦で初代王者に

2009年10月12日「NJKF MuayThai OPEN 9」
●【5R判定0-3】デンサイアム・ルークプラバーツ(タイ)

2009年9月23日「NJKF WBCムエタイルール日本統一王座決定戦~ROAD TO REAL KING 11~(WBCムエタイルール日本統一王座決定トーナメント準決勝)」
○【2R2分15秒 TKO】大江和也(HIMI) 

2009年7月19日「ALTIMATE WARRIORS(アメリカ)」
○【5R KO】ゲンサック・ソープランジット(タイ) 
※WMCインターナショナルライト級タイトルマッチ

2009年7月5日「NAGOYAKICK~夏FES.09 FREEDOM~」
○【2R2分30秒 TKO】マキ・ランサヤーム(タイ)

2009年4月12日「MA日本キック BREAK THROUGH-10~突破口~」
○【1R2分32秒 KO】壮泰(橋本道場)

2008年12月23日「NAGOYAKICK~DrumRoll Please!!~」
○【5R判定3-0】パティバンS・小林(タイ)

2008年11月9日「NJKF START OF NEW LEGEND XIII 新しい伝説の始まり」
○【3R1分51秒 TKO】靖卓(シルバーウルフ)

2008年7月27日「NJKF START OF NEW LEGEND IX~新しい伝説の始まり~」
○【1R0分42秒 KO】HANAWA(ブリザード) 
※NJKFライト級王座決定戦

2008年3月8日「NJKF START OF NEW LEGEND~新伝説の始まり~(ライト級王者決定トーナメント準決勝)」
○【4R1分16秒 TKO】中山宏美(OGUNI)

2007年11月23日「NJKF FIGHTING EVOLUTION ⅩⅢ ~進化する戦い13th~」
●【2R2分46秒 KO】カノンスック・ウィラサクレック(タイ)

2007年9月2日「NJKF FIGHTING EVOLUTION Ⅷ~進化する戦い10th~」
○【5R2分59秒 KO】一輝(OGUNI)

2007年7月1日「NJKF Fighting Evolution VIII COUNTER THE ASIAD ATTAC」
○【5R0分35秒 TKO】ガンバ黒田(OGUNI)

2007年1月28日「NJKF FIGHTING EVOLUTION II~進化する戦い~MUAYTHAI OPEN」
●【5R判定0-3】ヨーユット(タイ)

2006年11月23日「NJKF ADVANCE X~前進~」
○【3R0分20秒 TKO】押炉花者(町田金子)

2006年9月24日「NJKF リアル・キックボクシング・オープントーナメント真王杯 準決勝」
○【2R1分38秒 TKO】ミシマ(格闘道場G-1)

2006年7月2日「NJKF ADVANCE VI~前進」
○【3R判定3-0】ひでお(北流会君津)

2006年5月14日「NJKF ADVANCE Ⅴ~前進~YOUNG FIGHT」
○【3R判定3-0】小猿(大和)

2006年1月15日「NJKF ADVANCE~前進~」
●【3R判定0-3】一輝(OGUMI)

2005年9月24日「NJKF INFINITE CHALLENGE Ⅷ」
○【3R1分19秒 TKO】峰川卓也(上州松井)

2005年7月31日「R.I.S.E.XVII」
○【1R1分50秒 KO】小川英二(y-park) ※デビュー戦

 

 

NJKF 2014 8th

TOP > 選手名鑑 一覧 >大和哲也 (K-1)