TOP > 試合結果

【J-NETWORK】極真勢が全勝、ベイノアはKO勝ちで無敗キープ

2016/12/25(日)UP


初参戦のRISEランカー藤田(右)。左ハイキックをヒットさせる

▼第4試合 スーパーライト級 3分3R
○藤田雄也(極真会館/RISEライト級7位)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-29
●吉田優太(マカコ柔術アカデミー/J-NETWORKスーパーフェザー級5位)

※この試合の速報動画はこちら  

 RISEライト級7位の実力者・藤田がJ-NET初参戦。J-NETWORKスーパーフェザー級5位・吉田と激突した。

 1R、左右ローで前足を狙う藤田に対し、吉田がジャブから距離を詰めて右フック&ストレートを返す展開。2Rは、藤田が先手先手で左右ローを打ち込みながら、吉田の蹴りにパンチをまとめるなどペースを握る。

 3Rに入ると、吉田が右ストレートで藤田を仰け反らせて、続けざまに飛び蹴りを繰り出すなど反撃。しかし、藤田は要所要所でローとミドルをヒットさせ、最後は胴回し回転蹴りを連発するなど余裕も見せた。

 勝利の行方は判定に。初参戦の藤田がJ-NETランカーを下した。

※この試合の速報動画はこちら 


新人王の小嶋(右)が前島(左)のパンチに合わせてヒザ蹴りを突き刺す

▼第9試合 53kg契約 3分3R ※ヒジあり
○小嶋勇貴(仲ファイティングジム/J-NETWORKスーパーフライ級10位)
判定3-0 ※30-27、30-26、30-26
●前島マルコス(テツジム/NKBバンタム級3位)

 小嶋はアマチュア時代に学生キック2015年フライ級王座、J-NETWORKアマチュア・バンタム級王座などのタイトルを持ち、今年2月の『J-KICK』でプロデビュー。3RでTKO勝ちを収め、5月1日の『蹴拳』でも判定勝ち。新人王トーナメント1回戦では大崎孔稀とのホープ対決を制し、決勝では家下歩(MA日本キックボクシング連盟・菅原道場)を3RでKOして優勝した。今回は初のヒジありルールで、パンチを得意とする37歳のマルコスに挑む。

 1R、小嶋がパンチと蹴りで多彩なコンビネーションを見せ、首相撲からもヒジとヒザを繰り出す。前島はローから接近してパンチを狙うが、小嶋に先手を取られる。

 2R、前島が右フック、後ろ蹴りをヒットさせると小嶋はすかさず組み付いてヒザ蹴りに持ち込む。離れ際にはヒジ。その後も小嶋は首相撲からのヒザ蹴りを多用する。終盤に前島がまたも後ろ蹴りをヒットさせた。

 3Rも徹底して首相撲からのヒザ蹴りに持ち込む小嶋。首相撲の投げで何度も前島をマットに叩き付けると、前島は立つのが遅れたためダウンをカウントされる。後ろ蹴りで反撃しようとする前島だが、首相撲に捕まってペースを取られ続け、小嶋の完勝となった。

 

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2016年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
≫もっと見る
Facebookもチェック