TOP > 試合結果個別

【K-1】久保優太が王者に輝く、モハン・ドラゴンの健闘も光る

2017/09/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」
2017年9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ

モハン(右)との激闘を制した久保(左)

▼第14試合 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント決勝戦 3分3R延長1R
○久保優太(K-1ジム五反田チームキングス/初代Krush -67kg王者)
判定3-0 ※29-26、30-27、30-25
●モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/MA日本スーパーライト級王者)
※久保が初代王者に

 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント決勝戦に勝ち上がって来たのは久保とモハン。久保は木村ミノル、塚越仁志を下し、対するモハンは渡部太基、山際和希をいずれもKOで倒しての決勝戦行きを決めた。

 1R、モハンは左ロー、フックを見せるが、久保は当てさせない。久保は左ミドル二連打で下がらせるも、モハンはガードを固めて一発狙いの慎重な攻め。

 久保は左ミドルを次々と当て、接近戦ではモハンがフックを当てぐらつかせる。久保が蹴りを当て優勢。

 2R、久保は左ミドルで攻め、モハンは距離を取って大振りのフックを振り回す。一気に仕留めに行くモハンの前に、久保はクリーンヒットを許さない。スリップ気味に倒れたモハンにレフェリーからダウンが告げられたが、誤審となり再開。

 3R、ガードを固めながら突進するモハンに、久保は組み付いて回避。残り1分のところで久保がテンカオでダウンを奪うと、久保がパンチ連打からヒザ。さらに左ハイでラッシュにつないでスタンディングダウンを奪う。耐えたモハンは最後に大振りのフック。久保が判定勝ちし、念願のK-1王座を獲得した。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別