TOP > 試合結果個別

【ボクシング】亀田大毅、大阪ミナミ最強ホストにTKO勝ち

2018/01/01(月)UP

強烈な左ボディブローでダウンを奪った亀田(左)

新春ボクシング祭り
「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」
2018年1月1日(月)東京・ディファ有明

▼第2戦 ボクシングルール 3分3R
〇亀田大毅(元WBA世界フライ級王者、元IBF世界スーパーフライ級王者)
TKO 1R ※右フック→レフェリーストップ
●黒咲 豪(大阪ミナミの喧嘩最強ホスト)

 前回の1000万円企画で亀田興毅に挑んだ、歌舞伎町ホストクラブ支配人・神風永遠が1RでKO負けしたのを見て、「ホスト代表として出て恥さらしてくれた。カッコ悪い」と応募してきた黒咲。現在は大阪ミナミのホストとして働くが大阪有数の元暴走族メンバーだったという。「リーチがちゃうから(11cm差)距離取ったら(亀田のパンチは)届かないとちゃうかな」と豪語する。

 1R、軽快なステップからジャブとワンツーを放つ黒咲に、亀田はガードを固めて前へ出る。亀田が左フックを放ち、黒咲もジャブを打ち返す。亀田が左ボディブローからの左フック。この左ボディが連続して強烈に入る。そして左ボディフックで黒咲がダウン。

 マットを叩いて悔しがる黒咲は立ち上がるが、亀田は左ボディブローを狙い撃ちし、左右フックも放つ。左ボディ連打からの左フックがクリーンヒット、さらに左右フックで黒咲がロープに座り込む形となり、レフェリーがここでストップ。黒咲は「まだやれる」とアピールした。

 黒咲は「実力の差がありすぎて、これが元世界チャンピオンの力なんだと圧倒されて。ここに来るまでの皆様の応援を背負って最後までやりました。息がもう止まって泣きそうやったですね」と感想を語った。

※全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別