TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】Phoenixx祥梧がJ-NET王者を67秒でKO(動画あり)

2018/05/03(木)UP

祥梧(左)が伊仙町(右)から2度のダウンを奪いKO勝利

キックスロード
「KNOCK OUT 2018 OSAKA 1st」
2018年5月3日(木)エディオンアリーナ大阪第2競技場

▼第2試合 57.15kg 3分5R 
〇Phoenixx祥梧(Phoenixx Nak Muay Gym/WBCムエタイ日本統一フェザー級4位) 
KO 1R 1分07秒 ※左フック 
●伊仙町典久(BLA-FREY/J-NETWORKスーパーバンタム級王者) 

 伊仙町は25歳と遅めのプロデビューを果たしたが、昨年2月にJ-NETWORKスーパーバンタム級王座を奪取。祥梧は九州を主戦場とし、23歳にして47戦のキャリアを持つ。レベルスでは強打者ぶりを発揮して2016年10月には当時無敗のホープだった笠原弘希をKOしている。 

 1R、伊仙町の蹴りでロープ際まで下がった祥梧だが、これは罠だった。伊仙町の左ローに合わせての左フックで祥梧がダウンを奪う。 

 祥梧はラッシュをかけて伊仙町も打ち合おうとしたが、祥梧が左フックで2度目のダウンを追加。伊仙町は今度は立つことが出来ず、祥梧のKO勝ちとなった。

●全試合結果はこちら 

●編集部オススメ

・那須川天心に新たな最強の刺客招聘か、スアキムより強いロッタン(動画あり)

・森井洋介にTKO勝ち、王座奪取したヨードレックペット帰国がタイで話題に(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別