TOP > ニュース

【グローリー】初開催の女子世界トーナメント優勝候補が突然の出場辞退

2016/05/20(金)UP

世界9カ国から女子トップファイターが出場するGLORY女子スーパーバンタム級の初代王者決定世界トーナメント

 世界規模のキックボクシング団体『GLORY』が初開催する女子スーパーバンタム級(-55.5kg)世界トーナメントに出場を予定していた”可愛い殺し屋”の異名を持つムエタイ戦士で優勝候補のアイマン・バロー(イギリス)が、同トーナメントへの出場辞退を突然表明した。 

 バローは6月25日(土・現地時間)オランダ・アムステルダムにて開催される『GLORY 31』にて、オランダ女子キック界の新星であるWPKL世界女子フライ級王者イシス・バービック(オランダ)を相手に、同世界トーナメント1回戦を戦う予定であった。

 辞退の理由についてバローは「私は(GLORYから)6月25日に試合に出て欲しいというオファーがあったので受けたわ。でも後からソーシャルメディアを通じて、この試合がトーナメントの1回戦であると知ったの。しかも私の階級よりも上の。これは良くないわ。55.5kgということも、ワンマッチではなくトーナメントであるということも知らされていなかったのよ」と説明した。

 ただ、ワンマッチでの参戦については前向きで、「このトーナメントが終わった後に、ティファニーと戦いたいわ(皆が彼女との対戦を望んでいるということも私は分かっているわ)」と述べ、優勝候補の一人とされる”時限爆弾”こと前WBCムエタイ女子世界王者のティファニー・ヴァン・ズースト(アメリカ)を対戦相手に希望している。

 バローの出場辞退について、今のところGLORY側からの発表はない。女子ではあまり見られない規模の世界トーナメントだけに、代行選手が誰になるかも気になるところだ。

●編集部おススメ記事
女子の世界GP開催決定、優勝賞金は2.5万ドル
RENAがオランダ女子キック界の超新星バービックを下す  

 

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース