TOP > ニュース

【K-1】日・豪爆弾対決、トナーが小澤・武尊を爆破へ

2016/11/01(火)UP

得意のヒザ蹴りをミットに打ち込むジョシュ・トナー

 11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催の『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~初代フェザー級王座決定トーナメント~』に出場するISKA世界フェザー級王者ジョシュ・トナー(オーストラリア)が、1日(火)都内で公開練習を行った。

 Krush -58kg王者・小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場)とトーナメント1回戦で激突するトナー。普段は物静かな雰囲気を漂わせるが、リングに上がるとまるで爆発したかのようにアグレッシブに戦うことから、”時限爆弾”の異名を持つ。これまでに37戦25勝(3KO)12敗の戦績を収めている。

鋭い右ストレートを打ち込むトナー

「ボクシングの技術には自信を持っているよ。あと、最近は飛びヒザ蹴りにも磨きが掛かっているね」と、自身の持ち味を説明するトナー。公開練習では2分間のミット打ちを披露し、得意のヒザ蹴りを繰り出すなど、順調な仕上がりをアピールした。

 対戦相手の小澤について、「パンチも蹴りもスピードが速くて、とても危険な相手だと思う」と警戒。それでも、「この試合に向けて2カ月間、ハードなトレーニングを積んできたので、準備は万端だよ」と対策は十分のようだ。

 お互いにパンチとヒザ蹴りが得意、さらに異名はトナーの”時限爆弾”に対して小澤は”ダイナマイトキッド”と、何かと共通点が多い両者。日豪の激しい爆弾対決に期待が高まるが、トナーは「それについて特に思うことは無いけれど、実際に戦ってみてどうなるかだね」とニヤリ。

 そんなトナーだが、トーナメントで対戦したい相手には武尊の名前を挙げる。「良い選手だし、ビッグネームでもある。彼を日本で倒してみたいね」と、あえて敵地のリングで武尊に勝利したいと言う。

「K-1に出続けたいと思っている。ジョシュ・トナーという名前を日本で響かせられるようにしたい」と、トーナメントを足掛かりにK-1での活躍を目指す。

●編集部おススメ記事
”豪州の時限爆弾”が小澤封じに自信「穴がある」
狂犬・小澤「武尊をぶっ飛ばして世界を獲る」

【大会・チケット情報】 11・3 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN~初代フェザー級王座決定トーナメント~」
 

 

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2016年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック