TOP > ニュース

【シュートボクシング】“なりきり格闘家”北斗拳太郎「私はキャラではない」

2017/02/06(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

徹底して北斗の拳の主人公ケンシロウになりきっている北斗拳太郎

 2月11日(土)東京・後楽園ホールにて開催される2017年シリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2017 act.1』で、シュートボクシング(以下SB)日本スーパーウェルター級王者・坂本優起(シーザージム)に挑戦する同級1位・北斗拳太郎(ボスジムジャパン)のインタビューが主催者を通じて届いた。

 両者はノンタイトル戦でこれまで2度(2015年8月と2016年2月)対戦し、僅差の判定ながらいずれも北斗が勝利を収めている。『北斗の拳』の主人公ケンシロウになりきる“なりきり格闘家”として知られる北斗は、リング上だけでなく記者会見や試合後の控え室でのインタビューでも徹底してキャラを貫く。今回のインタビューでも「私はキャラではない」となりきって答えている。

――昨年は3戦して3勝。現在5連勝と好調ですね。

「ボス神拳において常に鍛錬をしている身だ。去年は良い1年が過ごせた。良い鍛錬も出来た。それを今年証明していく。ただそれだけだ」

――今回、坂本選手が保持するSB王座への挑戦が決まりました。

「うむ、遂にタイトルの懸かった戦いを迎えることが出来た。特に3度目の対戦などは気にしていない。ただ何度も私の前に立ち塞がれてしまうと面白くはない。今度こそは牙大王(北斗の拳に登場するキャラクター、牙一族の長)を壊す」

――試合後のマイクアピールの時もそうですが、インタビュー時まで完全にケンシロウになりきって質問に答えていただけるんですね(笑)。そもそもどうしてケンシロウを演じてみようと思ったのですか?

「私はキャラではない」

――……。坂本選手を牙大王に例えてる理由はなぜですか?

「私はやつのことを牙大王だとしか思っていない。やつの名は坂本というのか?」

――はい……。坂本選手、もとい、牙大王と2度対戦してどういう印象がありますか?

「牙大王は身体の強さと攻撃力で向かってくるタイプだと聞いていたが、ボス神拳においてその点は問題はなかった。私の方が強い。ボス神拳は無敵だ!」

――何度対戦しても同じ結果になりますか?

「うむ、やる意味はない」

――今回新しく見せたい技はありますか?

「新たなボス神拳を習得中なので、それを見せたいと思っている」

――何度も同じ相手と対戦する機会はそんなにあるものではありませんが、対戦する時は同じ相手として見ますか? それとも別な対戦相手として見ますか。

「私にとって同じ相手だろうが、違う相手だろうが関係はない。ただ目の前の敵を壊すだけだ」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
Facebookもチェック