TOP > ニュース

【RIZIN】堀口恭司、所英男らとの対戦へ「階級あまり関係ないでしょ」

2017/04/18(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

空手出身の堀口は「階級なんて関係ない」と一階級上のトーナメントに参戦する

 4月16日(日)横浜アリーナにて開催された『RIZIN 2017 in YOKOHAMA -SAKURA-』の一夜明け会見が、17日(月)都内で行われた。

 世界最高峰UFCの上位ランカーとして活躍し、自ら契約を終了させてRIZIN参戦を選んだ堀口恭司(アメリカン・トップチーム)。試合では国内フライ級トップファイターの初代&第3代DEEPフライ級王者・元谷友貴を全局面で圧倒し、その実力を日本のファンに見せつけた。

 次回7月30日(日)さいたまスーパーアリーナで開催の『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 1st ROUND-夏の陣-』で開幕するバンタム級(-61.0kg)トーナメントへの参戦も発表された堀口は、「しっかり階級を上げてGPトーナメント(優勝)を獲っていきたいので応援よろしくお願いします」と挨拶。

 堀口は本来フライ級(-56.7kg)だが、トーナメントにはあえて階級を上げて臨む。軽量級では1kgの差が大きな差を生むため、かなり大きなチャレンジとなるが、「自分は元々、階級あまり関係ないでしょって考え方」と元から無差別級志向があったと堀口。「何でも来い、誰でも来いって感じです」と気の強さを発揮する。

 トーナメント出場候補選手として山本アーセンと所英男の名前があがり、DEEP、修斗、ZST、パンクラスの各王者にも出場を呼び掛けたいとの話があると、「名前のある選手が出ていたので、そういう選手をしっかり倒していきたい」と意気込んだ。

※4・16「RIZIN」全試合結果  

●編集部おススメ記事
・堀口恭司の電撃参戦が決定「日本の格闘技界を盛り上げる」 
・堀口がUFC離脱、RIZIN参戦の理由を明かす

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック