TOP > ニュース

【ベラトール】キング・モー欠場、元UFCベイダーの王座挑戦が決定=NY大会

2017/04/26(水)UP

モー(右)が負傷により欠場。ベイダー(左)は初参戦でいきなり王座に挑戦することとなった

 6月24日(土・現地時間)アメリカ・ニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)にて開催される、ベラトール史上初のニューヨーク大会『Bellator 180』の対戦カード変更が発表された。

 元Strikeforceライトヘビー級王者キング・モー(アメリカ)が負傷により欠場。代わりにベラトール・ライトヘビー級王者のフィル・デイヴィス(同)が参戦し、モーと対戦する予定であったライアン・ベイダー(同)を挑戦者に迎えて、タイトル初防衛戦を行うことになった。

 両者は2015年1月にUFCで対戦しており、その時は判定2-1の接戦でベイダーが勝利している。

 雪辱戦を迎えることになったデイヴィス。レスリングをバックボーンに持ち、UFCでは元ライトヘビー級王者リョート・マチダやアレクサンダー・グスタフソン、グローバー・テイシェイラら強豪を破るなど活躍した。

昨年11月にベラトール・ライトヘビー級王座を獲得したデイヴィス

 しかし、ベイダー戦を最後にUFCを離脱してベラトールと契約。2015年9月に初参戦を迎え、昨年11月にリアム・マギリーから王座を奪取した。現在、無傷の4連勝中で昨年3月にはモーも破っている。

 対するベイダーは今回がベラトール初参戦。UFCではクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンやラシャド・エヴァンスといった元ライトヘビー級王者をはじめ、オヴィンス・サンプルーやアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラらを破った実力を持つ。

 昨年11月のノゲイラ戦後にUFCとの契約を満了。フリーエージェントとなり、UFCとの再契約ではなくベラトールとの契約を選択した。

 UFCからベラトールに舞台を変えて行われる約2年半ぶりの再戦。デイヴィスが王座防衛とともにリベンジを果たすか。それとも、ベイダーがベラトール初陣でいきなり王座を奪取するか。 

●編集部おススメ記事
キング・モーがジャクソンに雪辱、18kg差を跳ね返す
ベイダーがホジェリオ・ノゲイラをTKO
ニューヨーク大会が正式決定、シウバ&ヒョードルが参戦

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース