TOP > ニュース

【新日本キック】喜多村「イッキュウサンをKOしてKNOCK OUTでT-98と戦いたい」

2017/06/27(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

昨年12月に緑川と対戦したイッキュウサン(右)を迎え撃つ喜多村(左)

 7月2日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『MAGNUM 44』で、イッキュウサン・ペットプームムエタイ(タイ)と対戦する前日本ミドル級王者・喜多村誠(伊原道場新潟支部)のコメントが主催者を通じて届いた。

「いつも通り、順調に仕上がってきています」という喜多村は、6月17日に東京・TDCホールで開催された『KNOCK OUT vol.3』でREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者・不可思にTKO勝ちした同じ新日本キック所属の日本ライト級王者・勝次から刺激を受けた。

勝次選手は本当に素晴らしい試合をしましたね。あれだけ良い試合が多かった興行の中で一番良い試合をしたと思います。良い刺激を貰いました」

喜多村得意の顔面前蹴り

 今大会にも出場する日本フェザー級王者・重森陽太、前日本ウェルター級王者・緑川創も8月の『KNOCK OUT』に出場が決定しており、喜多村は「緑川選手も重森選手も新日本キックボクシング協会を代表する素晴らしい選手です。2人とも良い試合をして勝ってくれると思います。

 KNOCK OUTは純粋なキックボクシングルールで注目される素晴らしい興行だと思います。そこには、やはり新日本キックボクシング協会の選手が出てこないと本物のキックボクシングとは言えないと思うので、新日本キックボクシング協会の選手がKNOCK OUTに参戦することは本当に良いことだと思います」とエールを送る。

 そして「もちろん、自分もKNOCK OUTに出たいです。T-98選手と試合をしたいですね」と自身もKNOCK OUT参戦を希望し、元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者のT-98との対戦を希望した。

 今回の相手イッキュウサンは昨年12月に初来日。緑川と対戦して左ミドルキックとヒジ打ちを狙ったが、最終5RにKOされている。

 喜多村は「緑川選手が5RでKO勝ちしているので、自分は3R以内にKOして勝ってアピールしたいと思います」と、KNOCK OUT参戦へ向けてインパクトのある勝ち方をしたいと語った。

●編集部オススメ記事
・3月大会ではペッパノムに敗れた喜多村
・昨年12月、緑川と対戦したイッキュウサン

【大会・チケット情報】 7・2 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 44」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース