TOP > ニュース

【RIZIN】パンクラス王者・石渡伸太郎、1回戦の相手は”小さなヒョードル”

2017/08/18(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

同じくトーナメントに参戦する山本アーセン(左)と写真に納まる石渡(右)

 10月15日(日)マリンメッセ福岡で開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント1st ROUND-秋の陣-』の記者会見が、8月18日(金)都内にて行われた。
 
 バンタム級トーナメント1回戦で、パンクラス・バンタム級王者の石渡伸太郎(CAVE)がアクメド・ムサカエフ(ロシア)と対戦する事が決定。
 
 石渡は柔道の技術と思い切りの良い打撃を武器に、パンクラス・バンタム級王座を5年間守り続けている日本のトップファイター。2011年12月に初代バンタム級王者・井上学からベルトを奪い、ビクター・ヘンリー、ジョナサン・ブルッキンズ、ハファエル・シウバら強豪外国人を相手に通算5度の防衛を重ねている。
 
 しかし、このトーナメントに参戦してる堀口恭司には2013年6月の『VTJ 2nd』で壮絶な死闘の末にKO負けしており、リベンジに燃えている。

ロシア風の建物の前でビデオメッセージを撮影したムサカエフ

 一方、ムサカエフはサンボをバックボーンに持ちながらも破壊力抜群の打撃で快進撃を続ける、5戦無敗の選手。そのファイトスタイルはロシアが生んだ最強皇帝エメリヤーエンコ・ヒョードルを彷彿とさせ、彼の所属する『Fight Night Global』のCEOカミル氏が「このトーナメントに本当に彼を出して良いのか?全員ぶっ倒して簡単に優勝するぞ」と心配する程の強さだという。まさに、ロシア幻想を再びファンに抱かせる未知の強豪。
 
 ビデオメッセージでは「MMAファンのみなさん私はロシア出身のRIZINファイター、アクメド・ムサカエフです。私はスーパースターになるために日本に行きます。私がRIZINのグランプリで優勝するところを見届けて下さい」と自信満々にコメント。
 
 石渡はムサカエフについて「ちょっと映像観ただけなんですけど、まあ、問題無いかなと思います。身体が強そうだな、ベースがサンボなのかな、ぐらいしかわからなかったです。KOで勝ちます」と話し、こちらも勝つ自信に溢れている。
 
 そして「大みそか、決勝で堀口選手にリベンジするための1回戦です。きっちり勝ち上がります」と改めて堀口へのリベンジを宣言した。

●編集部オススメ記事
7月大会でトーナメント参戦を発表した石渡
2013年、石渡は堀口に死闘の末KO負け

【大会・チケット情報】 10・15 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント1st ROUND -秋の陣-」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース