TOP > ニュース

【Krush】ライト級仕様の卜部功也、7カ月間「倒す練習をしてきた」

2017/09/07(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

7カ月間の過酷なトレーニングをして来た卜部(左)と、侍魂で戦うレーヌ(右)

 9月8日(金)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.80』の前日計量&記者会見が、7日(木)都内にて13:00より行われた。
 
 初代K-1 WORLD GP -60kg王者・卜部功也(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は62.5kg、対戦相手のISKA世界スーパー・ライト級王者ヤニック・レーヌ(フランス)は62.2kgで、両者とも契約体重の62.5kgをクリアー。
 
 卜部はスーパー・フェザー級(-60kg)からライト級(-62.5kg)に階級を上げて今回が2戦目。そして2月のK-1トーナメント以来7カ月振りの試合となる。「相当長く厳しいトレーニングを積んできたな、という感じです。体重に関してはライト級(62.5kg)にフィットさせてはいますが、減量は前回よりも今回の方がキツかったです。もう絶対(以前の)60kgには落とせないですし、62.5kgもやはりちょっとキツイな、という感じもしてきた中でしっかりと仕上げてきました。明日は良い動きが出来ると思います」と精悍な顔つきで話す。
 
 対戦相手のレーヌについては「映像で観ましたが、身体能力が高くてテクニックもしっかりある選手」と評したが、「KOで勝つという考えはブレずにしっかりとトレーニングでも”倒す”練習をしてきました。しっかりと倒して勝ちます。7カ月振りの試合ですが、さらに強くなった卜部功也を見せます」とKO宣言。
 
 そして、「こんなところで立ち止まっていられないし、目指すは世界一のベルト、ウェイ・ルイが今現在巻いているベルトです。そこまで辿り着きます」と改めてウェイ・ルイを目標にするとした。
 
 一方、レーヌは卜部について「非常に経験豊富でハードな相手です。押しが強くどんどんプレッシャーを掛けて来ると思うので、良い試合になると思います」と話し、「日本のファンは前に出て攻撃する『侍』のような試合をする選手が好きだと聞いているので、そういう試合を見せます。全力で試合に臨み決意を持って卜部選手を倒します」と侍魂で勝利すると宣言している。
 
 また、第6試合ではケガから約2年振りの復帰を果たす山内佑太郎(HALEO TOP TEAM)と小鉄(K-1ジム目黒TEAM TIGER)が対戦する。両者は2年前の『Krush.56』でも対戦しており、その時は山内が判定勝ちしている。
 
 以下、両者のコメント

山内(左)vs小鉄(右)

山内佑太郎
「お互い懸けているものがあります。小鉄選手は連敗脱出、僕はケガからの復帰。恨みっこ無しでド突き合います」

小鉄
「2度目なのでこの試合が組まれた意味があると思います。明日は山内佑太郎という男を超えます」

●編集部オススメ記事
2月のトーナメントでは強豪ゴンナパーと激突
卜部が大雅を1RでKOして優勝

【大会・チケット情報】 9・8 グッドルーザー「Krush.80」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース