TOP > 試合結果個別

【K-1】優勝候補同士が大激闘、ゴンナパーがダウン奪い卜部を破る

2017/02/26(日)UP

ゴンナパー(右)が左ハイキックでダウンを奪った。卜部(左)必死の追撃も及ばず

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~」
2017年2月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館

▼第3試合 K-1 WORLD GP 初代ライト級王座決トーナメント・1回戦(2) 3分3R・延長1R
○ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/WPMF世界スーパー・ライト級王者)
判定3-0 ※三者とも29-28
●卜部功也(KREST/初代K-1 WORLD GP スーパー・フェザー級王者、同級2016年世界最強決定トーナメント優勝)
※ゴンナパーが準決勝へ進出。

 優勝候補がいきなり激突する注目カードとなった。

 卜部は2015年1月に行われた「K-1 WORLD GP 2015~-60kg初代王座決定トーナメント~」にて、決勝で兄の弘嵩を破って初代王座に就いたが、初防衛戦で弘嵩にリベンジを許して王座から転落。今年4月の「K-1 -60kg日本代表決定トーナメント」では決勝で大雅に敗れたが、9月の同世界最強決定トーナメントでは決勝で大雅にリベンジして優勝を果たした。その後、階級をライト級に上げることを表明して今回の参戦となった。

 対するゴンナパーは2010年11月の初来日以来、圧倒的な打撃力でこれまでにヤスユキ、T-98、ハチマキ、水落洋祐といった日本人トップ選手を次々に撃破してきた“日本人キラー”。9月のK-1に、病気で欠場した同門のゲーオ・ウィラサクレックの代打で出場したゴンナパーはKrush -65kg王者・山崎秀晃に歩行不能となるほどのダメージを負わせて勝利を収め、一躍注目を集めた。今回は適正体重に近い階級での試合となる。

 1R、サウスポーの卜部に対してゴンナパーはオーソドックスに構える。序盤から激しくパンチで打ち合い、ゴンナパーは強烈な左ロー。打ち合いになったところで卜部の左ハイがヒット。すかさずラッシュをかける卜部が顔面、ボディへパンチを当てていくが、ゴンナパーは耐える。

 2R、ゴンナパーの蹴りに対して卜部がストレートを突き刺していく。卜部のパンチをもらいながらもゴンナパーは左ローを蹴り続ける。顔面とボディにパンチを入れていった卜部だが、左ローに意識をとられたか左ハイでダウンを奪われる。

 3R、ゴンナパーが強烈な左ローを蹴り、右の足払いで卜部の体勢を大きく崩す。ワンツーとボディで前に出る卜部に、ゴンナパーは左ローと右ボディブロー。アッパー、左ストレートもヒットさせる卜部だが、ゴンナパーも蹴り返す。

 卜部の猛追は届かず、ダウンを奪ったゴンナパーが激闘を制して準決勝へ進出した。

●全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・1回戦で卜部vsゴンナパー、組み合わせ決定「日本人全滅もありうる」(卜部)

・1回戦で最強の敵と激突する卜部「間違いなく厳しい戦いになる」

・ゲーオに続きK-1制圧狙うゴンナパー、1回戦の卜部戦も「問題ない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

新着情報





TOP > 試合結果個別