TOP > ニュース

【K-1】目をそらした日菜太に「彼は自信がない」(サンチェス)

2017/09/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

鋭い視線を送るサンチェス(右)だが、日菜太(左)は目を合わせようとしなかった

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』の公開計量&前日会見が、17日(日)都内で13:30より行われた。

 スーパーファイト(ワンマッチ)で対戦する、REBELS 70kg級王者・日菜太(クロスポイント吉祥寺)はリミットちょうどの70.0kg、WAKOヨーロッパ王者セルジオ・サンチェス(スペイン)は69.7kgでそれぞれ計量を1回目でクリアー。

計量時にも目を合わせようとするサンチェスを日菜太は無視

 今回が初来日となるサンチェスは「体調は絶好調。完璧な状態で試合に臨めると思う」とコメント。

 日菜太は「明日はK-1という舞台を楽しんで、肩の力を抜いていこうと思います。(サンチェスの)顔が怖いなって思ったので目をそらしてしまうかもしれないですが、勝つのは僕なので。たどり着きたい相手(K-1スーパー・ウェルター級王者チンギス・アラゾフ)にたどり着くために負けません」と、計量時も会見でも表情を変えずに鋭い視線を送ってきたサンチェスの顔が怖いと笑う。

 日菜太がタイトルマッチを実現させるためにはここで勝たなければいけないが、サンチェスは「確実に、明日のリングで彼の言ったことが現実になることはないでしょう」と冷たく言い放った。さらに「今回、彼は私を目の前にして目をそらしてきたし、そんなに自信がないんじゃないかって思う」と日菜太を挑発。

 それを聞いた日菜太は「リングの中ではちゃんと目を見るように気をつけます」と笑い、「今回はKO賞が出るのでこれから僕はK-1の試合では全部KOを狙っていきます。だから金額を上げてもらいたい。K-1はKOを狙うスポーツだと思っているので。僕はパンチも蹴りも勝負できる武器が多いので倒して勝ちたいです」とKO勝ちで賞金をゲットすると語った。

今回、多くを語らなかった卜部(左)と山本(右)

 同じくスーパーファイトで対戦する第2代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級元王者の卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)はリミットちょうどの60.0kg、元IT’S SHOWTIME世界-61kg級王者・山本真弘(N.F.T.T.)は59.9kgで計量を1回目でクリアー。

 記者会見や公開練習でも多くを語らなかった両者は、この日の会見でも口数は少なかった。

 卜部は「いろいろな人の協力があって今日まで来ました。恩返しが出来るように勝ちたいと思います。(相手の印象は)特にない。自分の力を100パーセント出せればいいと思います」と挨拶。

 山本は「コンディションもいいので明日はしっかり勝ちます。相手に特に感情はない。応援してくれる人のためにやります」と話している。

●編集部オススメ記事
・日菜太が再起戦「強い自分を見せたい」
卜部弘嵩山本真弘が生き残り懸けて3年ぶり再戦

【大会・チケット情報】 9・18 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る