TOP > ニュース

【KNOCK OUT】大月をハイキックKOした町田「森井を倒せるのは僕しかいない」

2017/12/12(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「次こそは居合いパンチをさく裂させたい」と居合いのポーズをとる町田

 12月10日(日)東京・両国国技館で開催された『KNOCK OUT 2017 in 両国』の一夜明け会見が、11日(月)都内にて行われた。

 第1試合で“爆腕”大月晴明(マスクマンズ)を3R2分7秒、右ハイキックでTKO(ダウン後にセコンドからのタオル投入)に下したWPMF世界スーパーフェザー級王者・町田光(橋本道場)は、「昨日は僕の憧れの男と決闘しました。この試合は僕の人生の財産となりました。効いた攻撃はたくさんあって、僕がいつ倒れてもおかしくないくらい爆腕はやはり凄かったです。とりあえず勝てて良かったと思います」と試合を振り返った。

「ガードをしっかり固めていたんですが、その上からフックを効かされて、いま頭が凄く痛いです。重かったです」と、大月の爆腕ぶりを味わったという。

大月(右)の爆腕を受けながらも耐え、最後はKO勝ちした町田

 最終ラウンドでハイキックによる劇的KOを飾ったが、「昨日の試合で改めてキックボクシングの難しさを感じました。このままだとダメだなって。KOで終わったが、その過程がダメだなと。もっと自分を表現したいと思いました。居合いパンチ(居合い抜きの動作をパンチに取り入れた町田独自の技)や必殺技だったり、そうしないと個性が出ない。もっと自由に動けるようになりたい。この状況はありがたい状況で、両国国技館で試合が出来るなんて数年前は考えられなかった。これに甘んじずに自分が出来ることをなんでもやりたい。キックボクシングを盛り上げる一員になりたい」と、さらに自分を向上させていきたいと話す。

大月をマットに沈めた右ハイキック

 また「KING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメント」を全試合KOで制し、初代王者となった森井洋介(GOLDEN GLOBE)について聞かれると、「僕は森井選手の入場からずっと見ていたんですが、凄く悔しかった。森井洋介を倒せるのは僕しかいないと思っています。でも重森陽太選手(新日本キックボクシング協会フェザー級王者)も森井選手とは相性がいいと思っています。僕しかいないと言いたいが、僕自身はまだ挑戦するには値しないと思っている。もっと強くならないといけないので、これから力をつけたい」と、さらに強くなって森井に挑みたいと語った。

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】全試合結果=2017年12月10日

・町田がハイキックで大月にTKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース